ジムニースーパースージー101号特集の取材

DSCN1174.jpg
ジムニースーパースージー101号特集の取材で、タイヤのトラクションを測定する。
DSCN1168.jpg
完全ノーマルのJB23Wで測定したのだが、本当にノーマルで、牽引フックもない。こういう時のために、パワーカーロープを取り出して、リヤアクスルに固定する。タイダウンブックにかけると、フレームが変形してしますためだ。
DSCN1172.jpg
こんな感じで引きました。
DSCN1175.jpg
タイヤのトラクションを初めて数字で見ることができました。面白いです。

タイヤの撮影

DSCN1160.jpg
ジムニースーパースージー101号のタイヤ特集の記事のために、今日はタイヤの撮影。本の部分、部分は、こうしてカメラで切り取られて集められで、原稿を書いて、編集をするという作業です。
DSCN1161.jpg
タイヤを外して単体で撮影する。
DSCN1158.jpg

ウインチの牽引力を測定

DSCN1123.jpg
ジムニースーパースージーの記事の作成で、ウインチで引いた時の、牽引力を測定器で測定してみる。シングルラインで、ウオーン8000(8000ポンドの意味)だと、シングルラインで、1646kgが測定できました。ウインチにロープ(ワイーヤー)がたくさん巻いていあると、この程度の牽引力だということが理解できました。なんとなく、力があるとか、無いとかの判断しか普段はできないので、大変良い経験をしましした。ジムニースーパースージー102号で紹介できる予定です。
DSCN1131.jpg
ドラムの巻いた時の直径で、牽引量がきまります。ギヤと同じですね。
DSCN1125.jpg
ウインチを初めて測定器で計ってみました。

林道ツーリング

IMG_0498.jpg
2017年6月5日10時に、早川町のキャンプ場を出発、富士川林道へいく。舗装路なのだが、景色がいいとのことで、今日はコンボイで移動する。すれ違った車両は、確か1台?いやぬいた?たくさんのがけ崩れを見ました。林道からは落ちたくないものです。
IMG_0520.jpg
IMG_0516.jpg
IMG_0522.jpg

ジムニースーパースージーユーザー撮影会

ジムニーのピックアップトラックがなんと3台もいる!?不思議な光景です。
IMG_0386.jpg
2017年6月3日は、早川町キャンプ場で、ジムニースーパースージーユーザー撮影会を実施しました。地元の山梨の方が大かっあのですが、埼玉や浜松のかたも来てくれました。来年も、ここでやります。
IMG_0414.jpg
撮影中のシーンです。
IMG_0388.jpg

山梨県『早川町オートキャンプ場』でキャンプ

IMG_0445.jpg
ワイルドグースメンバーズの方々と、早川町オートキャンプ場でキャンプです。珍しく、晴天。
IMG_0481.jpg
各人の野営テントとタープテントを張ります。
IMG_0477.jpg
ここのオ-トキャンプ場には、オフロードコースがついています。走行したあと、ジムニーでゲームをしました。
IMG_0422.jpg
管理人の稲垣さんとは、一年ぶり。今回も、林道の情報を教えてくれて、お世話になりました。ありがとう。
IMG_0490.jpg

キャンプの準備

IMG_0369.jpg
明日、6月3日はワイルドグースのキャンプで、山梨県早川町のキャンプ場へいく。今日は、その準備。明日の夕食の、ホルモンを買いに行く。シロコロホルモン、シマチョウ、タン、ハツ、ヤゲン、カシラ、それにソーセージを買いました。日曜の朝はパンと目玉焼き、お昼は林道でカップラーメンか、カレーを食べる予定です。JB23Wに、テント、いす、ゴミスタンド、水、クーラーボックス、BBQコンロ、小型のガズコンロ、ランタン、蚊取り線香にハッカ水、ペグ、それに自分用のシュラフとマットを積みました。自宅の冷蔵庫にしまったホルモン忘れないおように注意しよう。忘れるとみじめな夕食になる。健康であれば、アウトドアでの生活は、非日常で楽しいと思います。6月4日はの、10時にキャンプ場を出発して、丸山林道へいき、展望台で昼食。山を下りて、解散にする予定です。無線は433.460です。

オフロードスクールスタックリカバリー サンドラダー編

[広告] VPS

オフロースクールのの一一部を、動画で紹介してみます。これは、オフロードスクールスタックリカバリー編です。

オフロードスクールスタックリカバリー スコップ編

オフロードスクールスタックリカバリー スコップ編の動画をサンプルで上げてみます。スクールはこんな感じです。
[広告] VPS

エスクードのメンテナンス

IMG_0330.jpg
先日、オーストラリアのジムニークラブのメンバーが来たときに、このエスク-ドで林道を走った。ジムニーと同じに走ると、エスクードはかなり傷む。かなり酷使して撮影などへ出かけているので、今日はメンテナンス。
IMG_0362.jpg
下回りはすり傷、泥はあるが、燃料タンク以外のシリアスなダメージはない。IMG_0337.jpg
燃料タンクは、少しへ凹んだ。無理して走行したので仕方がありませせん。
IMG_0335.jpg
空気圧は、丁度規定値でしたので、入れず。
IMG_0331.jpg
エンジンオイルの交換もしました。私のところに来て2000kmくらい走行したと思います。5000km走行で、オイルの汚れも減少も少ないのは驚き。このエンジン29万キロ走行なのです。
IMG_0364.jpg
オイルパンのドレーンボルトも傷なく、螺子も良好でした。今日のメンテで、次の撮影に備えます。
IMG_0355.jpg

アマチュア無線の固定機をつけました

IMG_0318.jpg
ジムニーがたくさんあるので、無線機はハンデイー無線を4個使用している。仲間と移動するときに、無線がないと安全でないし、危険もある。コンボイで移動するときは、無線機は必需品だと思う。ハンデイーでは、遠くまで飛ばないので、固定で10WのものをJB23Wの黄色に取り付けた。
a href="//blog-imgs-112.fc2.com/r/v/4/rv4nikaido/IMG_0319.jpg" target="_blank">IMG_0319.jpg
アナテナは、フロントのボンネットの左前端にする。これは、オーストラリサファリに出場したときに、正式な取り付け位置で、理由がる。右ハンドルだと、この位置が最もアンテナが壊れないし、遠くまで飛ぶ、電波障害を受けないとところなのだそうだ。電波の伝搬についいてはよくわからないが、確かに屋根やスペアタイヤに取り付けるより、破損させることや、アンテナを落としてくることは、減少すると思う。

引佐クロカンエリアで自給自足キャンプ

IMG_0197.jpg
引佐クロカンエリアで自給自足キャンプをしたときに、写真を残したくて、小野勝重さんへ運転してもらい、黄色のJB23Wの写真を採りました。この入り口は、川で岩がありジムニーでも2インチ以上上がっていないと通過できないポイント。ここは、20年以上、地形が変わっていない。今は、地元の子供たちのオリエンテーリングのコースになっていて、平日はこんな山奥なのに、子供がたくさん通過します。

HMS-3に300kg積載すると

DSCN1063.jpg
黄色のJB23Wには、ワイルドグースのオリジナルサスペンションHMS-3が入っている。積載をあまり考えない4輪が同じバネレートでしなやかに動。それで3インチ車高があがる。これに荷物300kgを積載してみました。
DSCN1066.jpg
フロントは、リヤが沈み込むので、上がります。フェンダーのクリヤランスが広がる。
DSCN1065.jpg
荷物を300kgの積載すると、リヤはこのくらい沈み込みます。タイヤがあたりません。
DSCN1075.jpg
荷物300lgの荷物を下ろすと、元の様になります。へたりはでません。
重量は、1130kgでした。燃料が満タン。レスキュー道具、工具で25kg。ウインチバンパー、ウインチWARN8000、リヤヒッチバンパー、アウターロールケイジ装着でこの重さである。
DSCN1073.jpg
積載を下ろすと、リヤタイヤのフェンダークリヤランスは、こんな感じです。

スタックリカバリースクール

DSCN1106.jpg
2017年5月27日土曜日、スタックリカバリースクールを開催。参加者は、一人欠席があり町田の国崎さん、朝霞の池田さん、さいたま市の関口さん、埼玉県北本市の梅田さん、東京の平沢さんの5名でした。DSCN1092.jpg
サンドラダーの使い方の実践講座。
DSCN1098.jpg
車載ジャッキの使い方とその応用。
DSCN1103.jpg
各種ロープによる牽引を実体験してもらいました。

JB23Wのスペアタイヤカバー付にスコップホルダーをつける

スペアタイヤブラケット延長ボルト (3本セット)の1本のボルトとどこでもホルダーを組み合わせて、スペアタイヤカバーが装着された状態でも、スコップがスペアタイヤに取り付けられるものを、造ってみました。
IMG_0245.jpg
ジムニーには、スコップ必要なんですよ。それで、ジムニーの室内に積んでおくと、どうも邪魔なので、汚れても平気な外がいいですね。スコップは積みたいけど、スペアタイヤカバーは外したくない人には、朗報と思います。
IMG_0252.jpg

相模川『猿が島』クリーンキャンペーン2017

 集めたゴミは、5月15日きれいにかたずいていました。これは、5月24日の朝の撮影です。
DSCN1079.jpg
 相模川『猿が島』クリーンキャンペーン2017 の報告に、厚木市の生活環境課(美化清掃実施申請書をだすところ)と神奈川県の土木事務所(河川区域一時使用届をだすところ)へ、清掃のときの写真と参加者署名リストをもっていく。昨年は、『ゴミ処理の予算がないので、神奈川県からはゴミの引き取りはできない』と清掃活動のあとに言われて、厚木の担当の方と困ったことがあった。しかし、今年はそのような問題もおきずに、集めたごみは、市と県とで処理してもらった。めでたし、めでたし。
 私が会長をつとめるJCJからは、JCJ東京支部と、JCJ猿が島支部の人の参加があったが、参加人数はすくない。JCJの長い会員でも、『会長、人の捨てたごみなんか、拾うのいやだよ。相模川のクリーンキャンペーンなんか、行かないよ』と明言する人もいる。人の考えは、色々あるので強制はできない。しかし、私でさえ、拾うのはちょっと嫌だが、『自分たちの走るところは、自分たちできれいにしたい。』という気持ちからスタートし、もう23年になる。人のためではなく、自分のためだと思って長年していることだ。今年も、参加された方にお礼をのべたい。ありがとう。来年も行います。
IMG_0306.jpg
相模川の河川敷に咲くけしの花です。
DSCN1083.jpg
猿が島の入り口の神奈川県厚木土木事務所の看板。
DSCN1076.jpg

浜松のコーセー自動車

DSCN0844.jpg
JB23TというジムニーJB23Wをベースにピックアップアップトラックを製作している浜松のコーセー自動車を訪問して、撮影をさせてもらった。
DSCN0861.jpg
JB23Wの後部を切り取り、FRPのパーツを被せて造るので、完成度が高い。まるでスズキ純正のような仕上がりだ。
DSCN0849.jpg
FRPなので造形の自由度が高く、錆びない。ジムニートラックが欲しい人への朗報だろう。
DSCN0851.jpg
デモカーには、RVボックスとすのこが敷いてありましたが、これは、キットパーツには含まれません。
DSCN0864.jpg
マイティーボーイを思い出す、SUZUKIのロゴの入った、リヤゲート。いいセンスですね。

単行本『スバルをデザインするということ』難波治著

IMG_0315.jpg
難波治さんから著書を頂いた。『スバルをデザインするということ』という本だ。難波さんは、私がスズキに勤務していた時の友人である。在職中に難波さんから、スズキのデザインについて、何度も意見を求められたが、いつもよく考えてから真摯に回答をした。そして、私の予想が当たるので、スズキのデザイン関係者からは随分と感謝もされた。しかし、難波さんはその後スズキを退社して、ハブデザインエンジニアリングという会社を創業し、フリーランスのデザイナーになった。じつは、スズキを退社した日が私と同じで、不思議な因縁を感じたものだ。それが、難波さんはその後、スバルのデザイン部長になり、低迷していたスバルを立ちなおらせた。その軌跡がこの本には書いてある。特に、デザインには売れる群れがあり、その群れからスバルはことごとく外れていた。技術部の意見が強くて、デザインの力を十分に発揮できないので、難波さんはデザインの黄金比をスバルの技術者たちに、見せて数字で彼らを納得させたという。この本には、その経緯や売れ筋の群れのことが書かれている。これはすごいことで、売れる車はデザインがよいのだけど、それは数字で表現できる裏付けがあるというのだ。つまり、この本に書いていることを、自動車のデザインに生かせば、失敗はしないということになる。剣術の奥義、秘伝の様なことが書かれている。自動車の設計や、デザインを生業とする方は、読まないといけない本です。お勧めします

JB23Wのタイヤの接地面積を求める

IMG_0308.jpg
ジムニースーパースージー101号(2017年7月9日発売)の特集は、タイヤです。そのタイヤの接地面積を空気圧の変化、2kgf/cm2、1.6kgf/cm2、0.8kgf/cm2と3つの変化のデータを採りました。タイヤのトラクションは、空気圧でおおきく変化しますが、それを科学的に比較する記事を作成します。
IMG_0309.jpg
タイヤをケント紙の上に置いて、フットプリントを採るのです。
IMG_0314.jpg
ジムニーの純正タイヤの空気圧の指示のステッカーは、右ドアの内側にあります。

サンドラダー

DSCN1042.jpg
ジムニースーパースージー101号の記事の取材で相模川へ撮影に行く。
DSCN1027.jpg
JA12Cにサンドラダーを積載してみると、ピッタリと収まります。装備をきちんと格納できる。
DSCN1029.jpg
リヤゲートの内側にもぴったりあつらえたようにはいります。
DSCN1047.jpg
ところが、JB23Wのリヤには、入らない。ボディーが拡大されたのに、室内は狭くなっているためだ。
DSCN1049.jpg
しかたがないので、JB23Wにラダーを室内に積むのは、このような感じでしか積載が難しい。どなたか、いい方法があったら教えてください。

横浜グランドインターコンチネンタルホテルで試食

DSCN1060.jpg
5月21日の夕方、横浜へでかける。横浜グランドインターコンチネンタルホテルで試食会があるためだ。時間より早めについいたので、散策しながらホテルへ向かう。今日は、盛和塾世界大会でのメニューの試食があり、出される品目をきめるという仕事なのです。私なんかでいいのかなーという気持ちはあるが、世話人の多くが参加できないというので、参加しました。おいしい食事でしたよ。では、世界大会の夕食、ご期待ください。

相模川『猿が島』クリーンキャンペーン2017

IMG_0291.jpg
2017年5月21日(日)相模川『猿が島』クリーンキャンペーン2017 を行いました。参加者名簿に書いてもらった人が約100名、昨年よりもちょっと少ないのですが、ゴミの不法投棄も減少していて、ちょっと安心しました。毎年、行うと変化がわかります。今回の遠方は、広島の方でした。皆さん、ありがとうございました。来年も、よろしくおねがいします。
IMG_0261.jpg
IMG_0258.jpg
IMG_0284.jpg
IMG_0279.jpg
IMG_0274.jpg

スペアタイヤに『ちょいかけフック』を取り付け

IMG_0241.jpg
JB23Wはおおくの車両にスペアタイヤのホイールを隠すためのプラスチックのカバーがついている。その取り付け穴を利用して、『ちょいかけフッjク』を取り付けてみました。
IMG_0243.jpg
ゴミ袋や、室内に入れたくないものを、ひっかけることができます。昔、スペアタイヤにキャンプのゴミを、ベルトで固定して帰宅したことがある。すると、帰宅してみるとそのゴミ袋がない。高速道路で飛んだのですね。まずい、失敗をしました。フックがあるからといって、油断していけませんよ。

相模川猿が島クーリンキャンペーン

IMG_8774.jpg
この写真は、2016年7月の相模川クリーンキャンペーンの時の写真です。参加された方、有難うございました。

さて、今年も5月21日日曜日に相模川猿が島クリーンキャンペーンを行います。猿が島の入り口を入って右折して100mのところに、受け付けがあります。
受付で厚木市からもらったゴミ袋が250枚ありますので、一人1枚受け取ってください。
また、参加名簿に名前、住所、電話、加入されているクラブ名や団体名を記入してください。
あとは、①燃えるごみ②燃えないゴミ③粗大ごみの3つに選別して集めてください。
ゴミを集めた後は、厚木市と神奈川県へ提出する証拠になる記念撮影をして、解散します。雨天でも行います。
皆様のご参加をお持ちしています。
IMG_8765.jpg
IMG_8751.jpg

直虎ゆかりの地を歩く

DSCN0994.jpg
引佐クロカンエリアの隣に、直虎の祖母のお墓がある。清水さんに聞いたら、数えきれないほど通過しているが、行ったことは一度もないというので、散歩がてらお参りに行くことにしました。今NHKのドラマで今有名な井伊家は、ここらあたりに住んでいたらしい。
DSCN0995.jpg
浄心院のお墓は、シンプルでした。合掌。
DSCN0999.jpgにょ
如意院はお墓から300mくらいのところにあります。
DSCN1001.jpg
DSCN1005.jpg
竜宮小僧は、この淵に住んでいたそうです。ここは都田川で今は都田ダム(いなさ瑚)の上流にある。なんだか、不思議な感じがしました。
DSCN1014.jpg

引佐クロカンエリアで自給自足キャンプ

DSCN0956.jpg
5月15日16日は、浜松の引佐クロカンエリアにて、JCJの清水純さんとジムニースーパースージーで連載を持つ小野勝重さんにお誘いを受けて、自給自足キャンプです。
DSCN0952.jpg
本日の収穫は、オオバコ、タラの芽、ワラビ、フキ、シイタケ、沢蟹で、お魚は釣れませんでした。
DSCN0953.jpg
シイタケを焼きます。巨大なのですが、分厚くておいしいステーキのようです。
DSCN0974.jpg
沢蟹や山菜はテンプラにしました。
DSCN0971.jpg
静かに夜は更けていきます。少し寒いけど、快適なキャンプでした。森の中の生活はいいものです。

林道でランチ

DSCN0818.jpg
大鹿村の林道でランチしました。今日は天候に、恵まれて快晴です。
DSCN0813.jpg
これほどいい風景の中でランチをしたことは今までにないです。林道は奥深いと思います。
DSCN0812.jpg

天空の池へ

DSCN0664.jpg
大鹿村にある『天空の池』へいく。残雪が残る。池には水が溜まっている。アルプスと雲海が見える絶景でした。
DSCN0684.jpg
天空の池という「名前で有名ですが、二児山というのが正式名のようです。
DSCN0694.jpg
オーストラリアフォーホールドライブクラブSAのローズさんとスティーブさんも感激してくれました。よかった。

伊那の林道をいく

DSCN0581.jpg
落ち葉で覆われた林道は、まるで絨毯の上を走るようです。
DSCN0607.jpg
雨の中、コンボイで林道を走ります。
DSCN0575.jpg
ちょっと休憩
DSCN0572.jpg
林道の落石でここからはちょっと無理なので、今日はここから引き返します。
DSCN0583.jpg
旅館の入野谷へ到着
DSCN0620.jpg
ローズさんとスティーブさんを交えて、日本式の宴会は、夜遅くまで続きました。
DSCN0616.jpg

JCJ神奈川のツーリング

DSCN0544.jpg
5月13日は、JCJ神奈川のツーリング、オーストラリアのダーウインから来た、スズキフォーホイールドライブクラブサウスオーストラリアのローズさんとスティーブさんを連れて参加する。
DSCN0546.jpg
南アルプス村長谷で集合してから、雨なので、蕎麦屋で昼食。
DSCN0550.jpg
はじめて、蕎麦を食べたそうです。気に入ったとか。
DSCN0551.jpg
これから、いよいよ、伊那の林道に入ります。
DSCN0554.jpg
雨も小雨になりました。美しい緑の林道を行きます。

suzuki 4 wheel drive club south australia

IMG_0222.jpg
suzuki 4 wheel drive club south australiaのメンバーのローズさんとスティーブさんがきました。クラブは、1977年に発足、今年の9月で40周年をむかえるという。すごいですね。
IMG_0229.jpg
旧知の尾上さんに逢いたいというのでAPIOへいきました。明日からは、JCJ神奈川のツーリングに同行します。
IMG_0233.jpg

行者にんにく

IMG_0221.jpg
北海道の旭川市のかたから、行者にんにくを送ってもらいました。山にとりにいったので、私が懐かしいだろうという気使い。ありがとう。マヨネースで炒めてから、かつ節をかけて、ぽんすでたべました。40年ぶりです。

国展へいく

DSCN0522.jpg
5月10日午前中に、関内にある三井住友銀行に用事があったので、でかける。そのあと新国立美術館へいく。草間弥生の展示会なので、ものすごい人で驚く。草間弥生さん、すごい人気なんですね。絵や版画ははがきサイズで、3千万円くらいするそうだ。
DSCN0525.jpg
草間さんの展示会は、人でとてもいけませんでしたが、野外展示場でみることができました。
DSCN0540.jpg
今日のお目当ては、三木茂氏の彫刻です。石の亀です。
DSCN0533.jpg
きていた方と記念撮影して帰りました。中央が三木茂氏です。ジムニー絵本『ドクトルパンダとジム太』の絵をかいてくれています。現在、第二弾の『郵便配達のジム太』を描いてもらっています。今年中に、出ると思います。
DSCN0538.jpg

ジムニースーパースージー100号本日発売

IMG_0210.jpg
ジムニースーパースージー100号が、2017年5月9日発売。過去最高のページ数で160Pもあります。厚いです。しかも、100号記念のジムニーカラビナキーホルダー付です。他のジムニーの本では1年に1回くらい発行するものがあるのですが、せいぜいデモカーは30台から40台と少ないけど、ジムニースーパースージーは今回なんど、100台以上(ユーザーやミニカーを含む)も入っています。これは、年6回も出しているため、広告を出稿していただいているクライアントや、ジムニーショップとのきずなが強いためです。だから見応え十分です。ホープスターの新しいネタもあります。前号から連載が始まった、スズキの元デザイナー福永たつみ氏の『イタリア通信』と作家・スポーツライターの増田俊也氏の『路外随想』も、はやくも人気です。
 1982年10月に発行してから、ジムニースーパースージーは、今年で35年目を迎えます。よく続いたと自分でも思います。これもジムニーの神様がついているお蔭なんですよ。

APIOへいく

DSCN0517.jpg
5月8日、APIOへ鵜j品にいく。尾上さんのアトリエに立ちよると、清水から来たSJ40Vがいた。これから、レストアをするのだそうだ。SJ40Vは、普通車なので維持費が高くて人気がないが、実は生産台数は少なくて、希少である。JCJもこのジムニー1000が登場したことが、きっかけである。ジムニー、スズキの四駆を世界に知らしめた記念すべき車両なのです。
DSCN0518.jpg

富士川

DSCN0491.jpg
5月7日日曜日、晴れだが視界が悪く、黄砂もあるなかでの遅いスタート。今日の富士山です。上昇風はなく、それでも沈下率をを考えながら24分のフライトでした。
DSCN0496.jpg
ドイツ性のグライダーASK-21。毎回、これに乗ります。
DSCN0490.jpg
セスナです。

わらび採り

DSCN0471.jpg
山北町の松本ハウスで、麟太郎とわらび採りをする。
DSCN0472.jpg
7歳なのだが、採り方を、一度教えるとできる。わらびは、どこから摘み取るか?根は採らない、先端が開いた位ものは採らない、なるべく太く柔らかいものを採る、など注意することは結構ある。大人でも初めての人は、何度も説明しないとできない人がいるが、子供は、吸収力がすごいね。すぐに覚える。
DSCN0474.jpg
今日は、こんなに取れました。松本さんのストーブの木灰をもらいました。木の灰でわらべいのあく抜きをすると、重曹よりもはるかにおいしくできます。色も黒つまず、きれいな緑になります。

ホイールを塗装

DSCN0449.jpg
JA12Cのスチールホイールが気に入らないので、JB23Wの純正アルミホイールを入手した。」
DSCN0453.jpg
このまま使うと面白くないので、米軍のカモスプレーの艶消し黒で塗装してみる。
DSCN0458.jpg
仕上がりはいい感じです。あとは、装着後の塗装の耐久性はいかに?近日中にタイヤとホイールを交換しようと思います。

ジムニーSJ410Wで薪を運ぶ

DSCN0459.jpg
先日、空き地の木を切り倒す作業をしたら、木は捨てるというので、貰ってきた。山北町の松本ハウスでストーブの薪にするためだ。
DSCN0462.jpg
SJ410Wは、ボディーの室内長が、JA11よりも約30センチ長いだけなのだが、これだけの薪をつめる。
DSCN0463.jpg
荷物を下ろしたSJ410Wは車高があがります。室内を掃除して、山北町の萌木色の山々を見ると心が落ち着きますね。

相模川でBBQ&キャンプ

DSCN0445.jpg
5月3日4日は、長女一家と相模川で、BBQ&キャンプ。友紀の伴侶の宏さんが、キャンプをしたことが無いというので、近場でキャンプの訓練。相模川でキャンプで寝たのは初めてだが、色々な人がくるので物騒だし、オートバイの爆音やサイレンで一晩中うるさくて、BBQにはいいけど、キャンプにはあまり向いていません。しかし、5月はまだ、蚊もいないので快適な夜でした。

ヘリコプターの機関銃

IMG_0044.jpg
先日いった厚木基地のオ-プンデイの一コマ。ヘリコプターの機関銃に触らせてくれた。家族全員で触らせてもらいました。すると、あとで、ある市民から、『武器である機関銃をさわらせることはよくない』などと、クレームがついたそうだ。私は、そのニュースを聞いて、バカなことを言っていると思いました。
IMG_0011.jpg
この基地に展示してある最強の武器は、F-18戦闘機です。それも、世界最強レベルの武器です。トマホークミサイルも撃てる。爆弾、ミサイル、戦術核にいたるまで搭載して、相手を攻撃できる。殺傷の能力は、機関銃などとは比較にならないレベルだろう。それを、機関銃だけが武器だと思っている人がいるのである。機関銃など、近代戦では骨董品の武器だ。日本人の、戦争オンチもひどいものだと思った。
IMG_0142.jpg
ヘリコプターの女性パイロットの方と長女の麟太郎7歳と記念撮影させてもらった。大尉さん、どうもありがとう。

テントの修理

IMG_0184.jpg
昨年の早川町のキャンプで風に飛ばされて壊れたテント。アルミの骨が折れました。
IMG_0192.jpg
骨つぎの要領で、アルミの板でアルミの各パイプをつなぎ、補強しました。音がでないように、糊が強力で長持ちするダクトテープで固定しました。
IMG_0195.jpg
修理完了。自立できました。6月3日のワイルドグースの早川町でのキャンプでまた、使います。

旭川の加藤ラーメン

IMG_0206.jpg
私の故郷である旭川の加藤ラーメンを、石川さんからいただきました。札幌とは違う味です。ラーメンは奥深いですね。もらったラーメンは社員とわけていただきました。確かに、麺はおいしいです。

厚木基地オープンデイ

IMG_0005.jpg
4月29日は、厚木基地のオープンデイなので、飛行機を見たくて、家族を連れて出かけました。昔、勤務した場所なので懐かしい。
IMG_0087.jpg
すごい人で驚きました。米兵も明るくて、女性の兵士も増えている。
IMG_0103.jpg
長女の友紀と来たのは、20年前。今はその子供たちとくることができました。
IMG_00361

台湾101で記念撮影

DSCN0170.jpg
台湾のAMPAの第二会場は、台北の101ビルの隣にある。ホテルに帰るときに皆で記念撮影しました。今は、世界一ではないようです。
DSCN0171.jpg

台湾のジムニーショップを訪問

DSCN0248.jpg
台湾のジムニーショップを訪問。山形県のKプロダクツの今さんが来たので、記念撮影です。
DSCN0193.jpg
店の外には、ジムニーが一杯停まっています。
DSCN0201.jpg
すべてハイリフト車です。サスペンションで3インチ、あとはボディーリフトが4インチ程度でした。
DSCN0194.jpg

台湾の九分へいきました

DSCN0384.jpg
豪雨の中宮崎駿監督のアニメ『千と千尋の神隠し』のイメージになったという九分へ行きました。確かに、夜の提灯はすごい。でも、昼jここへ来る理由はなんだろうかと思いました。不思議な観光地でした。
DSCN0364.jpg
DSCN0365.jpg

台湾のナイアガラといわれる十分瀑布へ行きました

DSCN0353.jpg
台湾のナイアガラといわれる十分瀑布(十分の滝)をながめに行きました。今日は、観光です。左端は、ワイルドグースの社員ではなく、盛和塾渡良瀬の湯沢さん。当社の取引先です。一緒に、台湾へいきました。
DSCN0343.jpg
これが、ナイヤガラの滝?ちょっと小さいね。
DSCN0348.jpg
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事一覧
  07月 (18)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad