単行本『スバルをデザインするということ』難波治著

IMG_0315.jpg
難波治さんから著書を頂いた。『スバルをデザインするということ』という本だ。難波さんは、私がスズキに勤務していた時の友人である。在職中に難波さんから、スズキのデザインについて、何度も意見を求められたが、いつもよく考えてから真摯に回答をした。そして、私の予想が当たるので、スズキのデザイン関係者からは随分と感謝もされた。しかし、難波さんはその後スズキを退社して、ハブデザインエンジニアリングという会社を創業し、フリーランスのデザイナーになった。じつは、スズキを退社した日が私と同じで、不思議な因縁を感じたものだ。それが、難波さんはその後、スバルのデザイン部長になり、低迷していたスバルを立ちなおらせた。その軌跡がこの本には書いてある。特に、デザインには売れる群れがあり、その群れからスバルはことごとく外れていた。技術部の意見が強くて、デザインの力を十分に発揮できないので、難波さんはデザインの黄金比をスバルの技術者たちに、見せて数字で彼らを納得させたという。この本には、その経緯や売れ筋の群れのことが書かれている。これはすごいことで、売れる車はデザインがよいのだけど、それは数字で表現できる裏付けがあるというのだ。つまり、この本に書いていることを、自動車のデザインに生かせば、失敗はしないということになる。剣術の奥義、秘伝の様なことが書かれている。自動車の設計や、デザインを生業とする方は、読まないといけない本です。お勧めします
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事一覧
  06月 (26)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad