エスクードのエンjンルームを点検

IMG_2501-1.jpg
今日は、天候が悪いので、撮影は明日にする。事前の点検をする。エンジンルームを開けてみる。スズキの広報車なので、前の媒体が、フロントのタイヤをバーストさせたそうで、1本は違うタイヤだ。2885km走行である。見ると、まずウッシャー液がはいっていないので水をいれてマンタンにする。ウッシャータンクは、車体の低い位置にあり、水を入れるためのノズルがフロント右フェンダーの前端、ラジエーターのすぐそばにある、入れやすい。重心のも低くなり、日常の整備もしやすい位置だ。ラジエーターのリザーバータンクは空だった。多少走行しているので、減ったのかもしれない。タンクのアッパーラインまで水をいれる。ラジエーターキャップを開けて中身を見る。OKだ。もし、スズキに返すときに多少また減っていたら、教えてあげよう。フレーキフルードもOKだ。エンジンスプラッシュガードがないので、未舗装路を走行したときの泥の跳ね上げでエンジンルームは、汚れている。明日の、撮影のためにエンジンルームを洗浄する。この車はハンガリーで生産しているが、品質で劣るところは、まだ、見つけられない。エンジンには、プラスチックのカバーがついいて、欧州車のような飾りがついている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事一覧
  08月 (15)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad