くろがね四起のフロントサスペンション

IMG_7828-1.jpg
富士山の帰り、ジムニースーパースージーのクライアントさんでもある(株)カマドを訪問する。くろがね四起の駆動系があるので観察させてもらう。これは『くろがね四起』のフロントサスペンションである。初めて見た。フロントデフキャリアーにダブルウイッシュボーンのアームを取り付け、長大なストロークを実現している。コイルスプリングを左右斜めに配置して、その中には画像では見えないが、緩衝装置(ショックアブソーバー)が入っている。このレイアウトは、バハに出場するレース車両や、パリダカに出ていた競技用にワンオフで作られたパジェロと同じ作り方だ。量産車では、私の知る限りこれほど長いサスペンションストロークがある独立サスペンションの車両は見たことがない。現在見ても、このサスペンションは極めて先進的である。それが、1930年代の車両だというのだから恐れ入る。くろがね四起のフロントサスペンションは、本当にすごいと思う。日本の技術は、飛行機だけではなく、戦前にこのような車両も作れたたのだなと感動しました。歴史ある車両を見ることの大切さを本当に実感しました。技術や知識を後世に残すには物を残すことが大切だと思いました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事一覧
  08月 (14)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad