AIR DOで札幌へいく

IMG_1705.jpg
2017年10月7日、雨の中、朝一番のAIR DOで、羽田から札幌へ移動する。AIR DOの浜田輝男氏とは、一緒に仕事をしようと会社の設立を準備したことがあるので、今でもAIR DOは特別である。浜田氏は、そのあと東京で急死されたので、その話しはなくなった。人生のターニングポイントになったかもしれない出会いだったように最近思う。
スポンサーサイト

US1A機内見学

IMG_1567.jpg
US1Aの機内の見学と操作の説明を受けました。希少な経験でした。
IMG_1544.jpg
IMG_1607.jpg

岩国基地の海上自衛隊71航空隊を訪問

これは、71FSの入り口です。米軍に比べると、地味ですね。
IMG_1653.jpg
2017年10月2日、岩国基地の海上自衛隊71航空隊を訪問する。絵本『飛行艇物語』を進行中だが、絵を描いてくれる佐藤元信画伯が、US1Aの細部を見ないと、絵が描けないとの申し出により、海幕広報の許可を得ての取材である。
IMG_0492.jpg
71航空隊の司令の立石2佐に挨拶にいく。立石2佐は、航空学生33期だそうで、私が25期なので8期私が先輩になる。自分の年齢を感じますね。
IMG_1642.jpg
普段は見せてもらえないところも見せてもらいました。これで、佐藤画伯もいい絵が描けるでしょう。

ケーターハム

IMG_0457.jpg
JCJの副会長の清水純氏の最近入手したばかりのケーターハムをみせてもらう。このモデルは車両重量が、なんと500kgだという。なんとも『軽い』の一言。LJ10が600kgで軽いと思ったが、それよりも100kgも軽いのだ。すごいね。たいていの現在のF1が約600kg前後、パリダカのレーシングパジェロが約600kgと、4輪車は、600kgというのが、ひとつの限界だと思っていたが、こんな軽量な車もある。すごいね。清水さんによると、まだ、慣れなくて車両の20%程度の性能しか、引き出せないという。操縦が難しい車ですね。

富士川飛行場でフライト

IMG_0009.jpg
2017年8月27日久しぶりに日曜日に休みがとれたので、富士川飛行場で、フライト。今日は、陸上自衛隊の総合火力演習の本番で、上空をヘリコプターが通過する。富士山は雲がかかっている。一か月半ぶりのなので、操縦技量が低下している。技術は、練習しないと落ちるのを、ここに来るたびに、経験する。ドライビングも同じで、普通の人は気が付かないだけで、長くクロカンへ行っていなくて、久しぶりにオフロード走行をすると、『へたくそになっている』ことに気が付くと気があるのだ。
IMG_0022.jpg
今日は、風があり32分のフライト。時速250km/hで帰投する。250km/hは初めての経験。飛行機と違い速く感じますね。.
IMG_0034.jpg

トレーラー修理と錆止め

IMG_0934.jpg
友人に『ワイルドグースでは、トレーラー、やめちゃったの?』と、短い間に二人聞かれた。これは、あまりいいことではないな、と奥の方へ駐車してあるトレーラーを見ると、車幅燈のレンズが割れている。よくみると、車体やボルト等に赤さびが出ている。
IMG_0928.jpg
まずは、割れた車幅燈を交換する。
IMG_0931.jpg
IMG_0913.jpg
次に、錆の出ているボルトを錆止め塗装。床にも錆が浮き出ていので、錆止めを行う。これで、長持ちするでしょう。
IMG_0925.jpg

トラックのリヤにウインチ装着

DSCN1655.jpg
先日、エスクードで走行していたら、前にいるトラックのリヤにローラーフェアリードがあり電動ウインチが装着されていた。どのような目的で使うのかな?不明でした。レッカー車ではなさそうだし。。。。。

富士川飛行場でフライト

DSCN1607.jpg
2017年7月23日富士川飛行場でフライト。今日は、雲があり、有視界飛行のギリギリです。冨士山も見えず、グライダー曳航は、海上へいく。上昇風は、ほとんどないので、速度を90ノットから80ノットに落として、できるだけ沈下率をへらして飛ぶ。20分のフライトでした。ときどき、小さな雲がありすれ違います。普段とは違うフライトでした。

フェアレヂーZの美しさ

DSCN1554.jpg
日産ギャラリーで見たZの歴史展示。日産のクルマでは、フェアレディーZ、それも240Zが好きだ。今見ても、美しいと思う。
DSCN1545.jpg
デザイン、スタイリングでは、現状のZは、240Zを越えていないと思う。また、運転席に座ったときも、今のZはドキドキしない。この差は、どこから来るのか?自動車のデザイナーに逢うと、いつもこの質問をしています。
DSCN1552.jpg
DATSANのブランドを捨てたことで、日産は20兆円の赤字となり、ゴーンさんが来た。DATANの名前は、輝いていたと私は思う。名前の大切さを考えさせられるこの展示。日産の社員の人は、これをどう思っているのだろうと時々思う。

航空自衛隊の航空学生

DSCN1521.jpg
2017年7月9日久しぶりのお休みなので、富士川飛行場へフライトへいく。視界は悪くて、富士山はまったく見えない。低い雲もある。上昇風もなくて、あまりいいフライトはできない。
DSCN1523.jpg
今日は、空自の航空学生が、高橋淳さんの話しを聞きに富士川飛行場に来た。94歳のパイロットを先輩として、尊敬しているのだ。高橋淳さんは、予科練1期、一式陸攻の元パイロットである。太平洋戦争の話しをしていた。こちらも、横で聞いていて、誠に勉強になりました。彼らのお蔭です。グライダーや飛行機をみて、彼らは午後帰りました。彼らは、またT-7の飛行学生で、これからの訓練で、エリミネート(学生罷免)もあるし、ヘリコプター、輸送機、戦闘機と別れていくのだそうだ。頑張れよ、航空学生。帰りに、かれらの一人が、地面に落ちていたゴミをひとつ拾って帰りました。さすがだ。未来は明るいと思った。
DSCN1515.jpg
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事一覧
  10月 (19)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad