札幌のおにぎりや『ありんこ』の6店舗を見学

札幌のおにぎり専門店『ありんこ』のお店を、全店、見学してきました。清潔、ポップが面白い、テレビのデイスプレイを多用する。店員は、すべて女性で、色が白くてかわいい。制服も黒のハンチング、白いシャツ、チェックのエプロンとカフェ風で女性がこのむデザイン。しかも、おにぎりは他に例を見ない『おいしさ』と価格。おにぎり屋さんとか,お弁当屋さんは、世の中にたくさんあるけど、このありんこは、本当にオンリーワンなのがよくわかりました。
IMG_0655.jpg
ありんこ『まるやまクラス店』
IMG_0659.jpg
ありんこ『イオン札幌桑園店』
IMG_0650.jpg
ありんこ『北2条店』
IMG_0644.jpg
ありんこ『4丁目プラザ店』
IMG_0637.jpg
ありんこ『オーロラタウン店』
IMG_0640.jpg
ありんこ『ポールタウン店』
IMG_0734.jpg
IMG_0642.jpg
スポンサーサイト

おにぎりの『ありんこ』

IMG_0640.jpg
盛和塾の友人の会社『ありんこ』の会社見学をさせてもらった。ある人が、『二階堂さんの会社は、ありんこさんに似ていますね』
といったのが、きっかけだ。ありんこさんは、取り扱うのは『おにぎり』、ワイルドグースは『ジムニー』と単品勝負なのだ。
IMG_0642.jpg
そこで、ありんこの南部社長にお願いして、会社訪問させてもらった。まずは、おにぎりの種類が、独創的だ。今はコンビニで定番のツナマヨも、ありんこさんが初めて商品化したという。コンビニがそれを真似した。
IMG_0643.jpg
数か月に1回、新製品のおにぎりを出す。メニューの定数は一定なので、常に上位が残り、下位はなくなっていく。おにぎり同士が、競いあうような、システムになっている。ラーメン博物館の人気投票で、消えていくラーメン屋と同じ仕組みだ。
IMG_0734.jpg
おにぎりは、美味しく食べられる固さに握られるので、普通のおにぎりとは違い、やわらかく崩れやすいので、食べ方のコツもあります。
IMG_0664.jpg
おにぎり、ごちそうになりました。大きくて、普通のコンビニの2倍はある。ごはんはふわふわで、具材も一流、ひと手間かけた、家庭ではできない味です。
寿司には、松竹梅があり、銀座の一流店なら3万円、神奈川県の厚木市の寿司なら6千円、回転寿司なら780円とランクがあります。しかし、おにぎりには、あまり、このランクがないのですが、ありんこさんの、おにぎりは、最上級です。多少高い値段は、ついていますが、中身は高くない。熱列なファンがいる理由がわかりました。ちなみにおにぎりは、1個240円から、一番高いのはすじこで580円です。でもその価値は、十分あります。恐ろしくおいしいのです。
札幌へ行ったなら『花丸寿司』も有名だけど、『ありんこ』のおにぎりも食べないといけません。ちなみに、おにぎりも一流ですが、トン汁も、上品でとてもおいしい。

入間のうどん

DSCN1752.jpg
このうどん屋さんが、ここに開店したときに故石川雄一氏に連れてきてもらった。石川さんは、新しいことがあるといつも積極進取。彼が面白いと思ったところには、よく連れて行ってもらった。この手打ちうどん屋は、その一つ。入間、埼玉県がうどんが名物だと教えてもらったのです。
DSCN1754.jpg
ここの、肉盛うどんはおいしいです。ゆでた熱いうどんを、温かい肉汁につけて食べます。うどん玉は、1個から10個まで選べる。1玉50円です。今日は3玉でしたが、大抵の人は5玉頼むようです。昔、石川さんと座った同じ席で、食べました。

山形のさくらんぼ

IMG_0657.jpg
山形の宝石のようなサクランボを、K-プロの今さんから頂いた。メイドインジャパンのフルーツは、はすごいですね。社員とわけて食べました。

横浜グランドインターコンチネンタルホテルで試食

DSCN1060.jpg
5月21日の夕方、横浜へでかける。横浜グランドインターコンチネンタルホテルで試食会があるためだ。時間より早めについいたので、散策しながらホテルへ向かう。今日は、盛和塾世界大会でのメニューの試食があり、出される品目をきめるという仕事なのです。私なんかでいいのかなーという気持ちはあるが、世話人の多くが参加できないというので、参加しました。おいしい食事でしたよ。では、世界大会の夕食、ご期待ください。

引佐クロカンエリアで自給自足キャンプ

DSCN0956.jpg
5月15日16日は、浜松の引佐クロカンエリアにて、JCJの清水純さんとジムニースーパースージーで連載を持つ小野勝重さんにお誘いを受けて、自給自足キャンプです。
DSCN0952.jpg
本日の収穫は、オオバコ、タラの芽、ワラビ、フキ、シイタケ、沢蟹で、お魚は釣れませんでした。
DSCN0953.jpg
シイタケを焼きます。巨大なのですが、分厚くておいしいステーキのようです。
DSCN0974.jpg
沢蟹や山菜はテンプラにしました。
DSCN0971.jpg
静かに夜は更けていきます。少し寒いけど、快適なキャンプでした。森の中の生活はいいものです。

行者にんにく

IMG_0221.jpg
北海道の旭川市のかたから、行者にんにくを送ってもらいました。山にとりにいったので、私が懐かしいだろうという気使い。ありがとう。マヨネースで炒めてから、かつ節をかけて、ぽんすでたべました。40年ぶりです。

旭川の加藤ラーメン

IMG_0206.jpg
私の故郷である旭川の加藤ラーメンを、石川さんからいただきました。札幌とは違う味です。ラーメンは奥深いですね。もらったラーメンは社員とわけていただきました。確かに、麺はおいしいです。

台湾の朝食

DSCN0101.jpg
初日の台湾の朝食は、台湾らしくおかゆにしました。お惣菜を、選んで食べます。
DSCN0102.jpg
朝から、充実した、実においしい朝食をいただきました。台湾の食も豊です。

SSCで焼き肉コンパ

IMG_9487.jpg
先日、SSC出版の編集部員が一堂に集まったので、編集部で焼き肉コンパをした。食べ過ぎて、そのあとの仕事に支障をきたしたかもしれないが、親睦のため行いました。油が飛ぶので、次はステーキ肉だけにしようと思います。
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事一覧
  10月 (21)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad