厚木のホルモンで昼食

IMG_1551.jpg
富士から帰り、厚木で台湾ジムニークラブのメンバーと厚木のシロコロホルモンを食べる。ビーフしか食べられないメンバーも1名いましたが、あとは、好評でした。
IMG_1549.jpg
スポンサーサイト

学食でランチ

IMG_1393.jpg
首都大学東京の学食でランチを食べました。カツカレー、味噌汁、小鉢つきで550円。大盛りは、無料。味は普通でした。

厚木のホルモン

IMG_1000.jpg
2017年11月13日、盛和塾札幌の河上さんが、仕事の打ち合わせで、エスエスシー出版へ来社された。打ち合わせが終了後、厚木のホルモン『だるま』で、一緒に食事をしました。色々な、言葉やアイデアが出てきて、あっという間に2時間が経過しました。心の通じ合うソウルメイトと話せるのはいいものだと思います。

収穫したレモンでお酒を飲む

IMG_0883.jpg
店の入り口の鉢植えで育てた、レモンを収穫して、それをスライス。半分はあとから、しぼって果汁を追加投入。『青いレモンの味がする』という歌詞がありますが、本当にさわやかなの酸味。普通のレモンと違い、あまり酸っぱくなく、きゅうりの様な酸味に、深みがありこくがある。今まで、食べたことが無い、不思議な味でした。ちなみに、毎年、このレモンは採集するのですが、こんな味ではなかったと思うのです。出来栄えが違うのですね。自分の側で大きくなったレモンなので、食べるときに、愛しく、感じます。

レモンの収穫

IMG_3058.jpg
ワイルドグースの店舗の入り口にあるレモンの木ののレモンを収穫した。今年は豊作で、20個以上とれた。レモンの木も、2年前に寒さで枯れそうになり、場所を移動させた。すると、今度はうどん粉病、白点病で弱っていた。モクスをあげたり、薬をかけたり、肥料をやったりしたら、どうも豊作になったらしい。うどん粉病が、また、でているので肥料をあげたあと、薬を噴霧する予定。植物も生き物です。ちなみに、このレモンの木は、家に来てから22年くらいです。
IMG_3056.jpg
IMG_3054.jpg

焼き鳥『伊勢広』

IMG_0871.jpg
東京モーターショーのあと、JCJ本部の清水さん2人とツツミさんと4人で、焼き鳥『伊勢広』で飲みました。いつ食べても、ここの焼き鳥のおいしいこと。
IMG_0874.jpg
帰るときに、伊勢広の星野さんと息子さん(白い割烹着)とランドローバークラブの三好さんと逢いました。楽しい時間でした。

札幌のおにぎりや『ありんこ』の6店舗を見学

札幌のおにぎり専門店『ありんこ』のお店を、全店、見学してきました。清潔、ポップが面白い、テレビのデイスプレイを多用する。店員は、すべて女性で、色が白くてかわいい。制服も黒のハンチング、白いシャツ、チェックのエプロンとカフェ風で女性がこのむデザイン。しかも、おにぎりは他に例を見ない『おいしさ』と価格。おにぎり屋さんとか,お弁当屋さんは、世の中にたくさんあるけど、このありんこは、本当にオンリーワンなのがよくわかりました。
IMG_0655.jpg
ありんこ『まるやまクラス店』
IMG_0659.jpg
ありんこ『イオン札幌桑園店』
IMG_0650.jpg
ありんこ『北2条店』
IMG_0644.jpg
ありんこ『4丁目プラザ店』
IMG_0637.jpg
ありんこ『オーロラタウン店』
IMG_0640.jpg
ありんこ『ポールタウン店』
IMG_0734.jpg
IMG_0642.jpg

おにぎりの『ありんこ』

IMG_0640.jpg
盛和塾の友人の会社『ありんこ』の会社見学をさせてもらった。ある人が、『二階堂さんの会社は、ありんこさんに似ていますね』
といったのが、きっかけだ。ありんこさんは、取り扱うのは『おにぎり』、ワイルドグースは『ジムニー』と単品勝負なのだ。
IMG_0642.jpg
そこで、ありんこの南部社長にお願いして、会社訪問させてもらった。まずは、おにぎりの種類が、独創的だ。今はコンビニで定番のツナマヨも、ありんこさんが初めて商品化したという。コンビニがそれを真似した。
IMG_0643.jpg
数か月に1回、新製品のおにぎりを出す。メニューの定数は一定なので、常に上位が残り、下位はなくなっていく。おにぎり同士が、競いあうような、システムになっている。ラーメン博物館の人気投票で、消えていくラーメン屋と同じ仕組みだ。
IMG_0734.jpg
おにぎりは、美味しく食べられる固さに握られるので、普通のおにぎりとは違い、やわらかく崩れやすいので、食べ方のコツもあります。
IMG_0664.jpg
おにぎり、ごちそうになりました。大きくて、普通のコンビニの2倍はある。ごはんはふわふわで、具材も一流、ひと手間かけた、家庭ではできない味です。
寿司には、松竹梅があり、銀座の一流店なら3万円、神奈川県の厚木市の寿司なら6千円、回転寿司なら780円とランクがあります。しかし、おにぎりには、あまり、このランクがないのですが、ありんこさんの、おにぎりは、最上級です。多少高い値段は、ついていますが、中身は高くない。熱列なファンがいる理由がわかりました。ちなみにおにぎりは、1個240円から、一番高いのはすじこで580円です。でもその価値は、十分あります。恐ろしくおいしいのです。
札幌へ行ったなら『花丸寿司』も有名だけど、『ありんこ』のおにぎりも食べないといけません。ちなみに、おにぎりも一流ですが、トン汁も、上品でとてもおいしい。

入間のうどん

DSCN1752.jpg
このうどん屋さんが、ここに開店したときに故石川雄一氏に連れてきてもらった。石川さんは、新しいことがあるといつも積極進取。彼が面白いと思ったところには、よく連れて行ってもらった。この手打ちうどん屋は、その一つ。入間、埼玉県がうどんが名物だと教えてもらったのです。
DSCN1754.jpg
ここの、肉盛うどんはおいしいです。ゆでた熱いうどんを、温かい肉汁につけて食べます。うどん玉は、1個から10個まで選べる。1玉50円です。今日は3玉でしたが、大抵の人は5玉頼むようです。昔、石川さんと座った同じ席で、食べました。

山形のさくらんぼ

IMG_0657.jpg
山形の宝石のようなサクランボを、K-プロの今さんから頂いた。メイドインジャパンのフルーツは、はすごいですね。社員とわけて食べました。
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別記事一覧
  02月 (12)   01月 (25)   12月 (19)   11月 (30)   10月 (35)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad