石破茂氏くろがね4起に乗る

IMG_1897.jpg
2018年2月10日御殿場高原ホテルにて、石破茂氏の特別講演会が開かれた。その前に、NPO法人防衛技術博物館を造る会が用意した、くろがね4起の試乗があり、石破氏をかまどの藤原君が乗せて、ホテルのまわりを走る。石破氏の楽しそうなこと。面白かったです。
IMG_1900.jpg
IMG_1904.jpg
スポンサーサイト

Xbeeクロスビー発売

IMG_4342.jpg
2017年12月25日、スズキの新型乗用車クロスビーが発売された。サイズが大きい。3760x1670x1705と軽自動車とおおきな違い。5人のれて、スツケースも5個積める。押し出しもよく、インテリアは工夫が一杯。人も荷物もOK。それで、4WDもあり不整地も走れる。いい感じですね。
IMG_4340.jpg
エンジンがすごい。K10Cは996ccで、73KW、ネットだとなんと99psをひねり出す。一昔前なら、レーシングカーである。すごい、エンジンですね。
IMG_4296.jpg

エスクード取材

IMG_3557.jpg
2017年11月25日エスクードクラブの鴨志田さんと相模川で撮影、取材。次のジムニースーパースージー104号の特集の一つである。エスク-ドは、自分が誕生にかかわりをもった車なので思い入れは強い。実は、2018年で、誕生から30年になる。なんとも月日の速さを感じる。久しぶりで、初代エスクードの幌を外す。キャンバストップは、いいものですね。秋空の中、爽快な走りでした。
IMG_3564.jpg
IMG_3540.jpg

ベンツG

IMG_0459.jpg
ベンツGは好きな車の一つだ。自分で運転して数千キロジャングルを走破したこともある。羽田空港で展示してあったこのベンツGは、1971万円だそうだ。この価格で買うなら、私はプライベートのガレージを持っていないので、まず、ガレージを買って、それからあと10台くらいのジムニーが買えそうだと思ってしまう私は、貧乏性なのでしょうか?
IMG_0461.jpg
IMG_0464.jpg

新型プラド試乗

IMG_0876.jpg
トヨタの新型プラドに乗りました。2.8のディーゼンは、あまりパンチはなく、おとなしい乗用車のよう。内装も極めてラグジャリー。トランスファーレバーは無いものの、パートタイムの4WDは、しっかりしており、ローレンジもスイッチで入れる。4WDのままコーナーを走ると、タイトコナーブレーキング現象がでて、ぎくしゃくする。四駆として素晴らしい。
IMG_0880.jpg
ボンネットが変更になり、中央にバルジができた。
IMG_0879.jpg
室内は、よくできたヨトタの乗用車である。70のようなランクルらしさは、無くなっている。
IMG_0881.jpg
ステアリングは、ウッドと革巻きのツートンで見た目はよいが、ハンドリングのときに手に触れる感じは違和感があり、よくない。
IMG_0878.jpg

ヨコハマタイヤX-MT

IMG_1478.jpg
ヨコハマタイヤのブースに、新しいオフロードタイヤX-MTが展示してあった。パターンは、幾何学模様ではなく、自然界の中にある形を、山とかを上からみたら、このような形?というような、今までの常識を覆すものである。しかも、トレッドパターンのブロックは、三段山になっていて、タイヤ周囲のパターンも同じ模様の連続でなく、1/4周期でうねりのように変化をする。つまり、どこも同じパーターンでなく、地面にタイヤが接地するということになる。
IMG_1480.jpg
日本刀の名刀『マサムネ』は、よく切れる日本刀として有名。多くの介錯人が使用した。だが、刃にはあまり切れないところと、よく切れる部分が混在しているという。科学的に測定してみると、刃が均一でないため、切れない刀に分類されてしまうそうだ。ヨコハマタイヤのX-MTは、日本刀のマサムネのようなタイヤであろうかと考えた。まさにメイドインジャパンの最右翼かと思う。
IMG_1481.jpg

E SUVRVIVOR

IMG_1469.jpg
皆さんからの評判がよかったので、E SUVRVIVORの詳細をお見せします。リヤゲートは、階段のように開きます。リヤゲートには、サイの絵がでます。これは、難波治さんが1980年に描いたもの。今でも、スズキ純正パーツで、スペアタイヤカバーが販売されており、入手できます。今見てもすごいと私は思います。
IMG_1510.jpg
E SUVRVIVORは、オープン2シーターのオフロードのスポーツカーですが、人と荷物を運ぶということを考えると、シートは2X2、2X1、4座か3座でも、後席は補助でもあるべきだと思う。
IMG_1449.jpg

E SUVRVIVOR

IMG_1379.jpg
スズキブースにあった、オフロードのコンセプトカーE SUVRVIVOR(イーサイバイバー)。参考出品車とはいえ、オフロードのポイントは、よくおさえてあり、素晴らしい。電気で動くので、エンジンはない。前後のリジットアクスルの中央部に、それぞれ2個のモーターが入り、4輪を駆動する。ホイールインモーターではない。トランスファーもトランスミッションもない。アクスルの両端には、アルミ削りだしのホイールリダクションギヤが入っている、最低地上高は、400mm以上はある。顔は丸型2燈のヘッドランプ、5本スリットのフリル、中央にSマークと、今後のスズキオフロードビークルの指標となるものだ。
IMG_1392.jpg
ホイールリダクションギヤのユニットが入ります、サスペンションは、5リンクのリジットアクスル。
IMG_1396.jpg

新型ハイラック試乗

IMG_0800.jpg
トヨタのタイ工場で製造している新型ハイラックに試乗しました。デイーゼルエンジンは、とても静かで、ガソリンかデイーゼルかわからないほど。加速もいい。乗用車のような乗り心地。室内は、あちこにグラブハンドルがあり、オフロード向き。4輪駆動システムは、典型的なパートタイム4WDで、前後のデフは直結になり、ローレンジもあるし、リヤデフロックもある。四駆として進化しているが素晴らしい。1ナンバーでちょっと大きすぎるが、いい車ですね。

ランクルに試乗

IMG_0420.jpg
APIOの社員の森光さんのランクルを運転させてもらう。久しぶりにランクルを運転した。ジムニーやエスクードとは、違う車だなとつくずく思います。押し出しはいいけど、日本では林道でももてあますサイズです。
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
01月 | 2018年02月 | 03月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別記事一覧
  02月 (10)   01月 (25)   12月 (19)   11月 (30)   10月 (35)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad