はじめてのジムニーオフロードスクール

DSCN1737.jpg
2017年8月20日はじめてのジムニーオフロードスクールを開催。参加者は、静岡市の渡辺さん、藤枝市の田森さん、焼津市の稲富さん、大礒町のJB23納車10日目の鈴木さん、鎌倉市の池田さん、栃木市の杉本さんの6名、5台でした。
DSCN1733.jpg
今日は、トランスファーのローレンジに入れたことが無い方が2名いたので、ハイとローの差を、体験してもたらい、簡単なヒルクライムで応用をしてもらう。曇りで暑くない8月のオフロード日和でした。
DSCN1741.jpg
DSCN1745.jpg
DSCN1742.jpg
スポンサーサイト

渚ハイウエイを走る

IMG_1030.jpg
石川県の金沢に来たので、『渚ハイウエイ』を走らないわけにはいかない。ここは県道229号線、列記とした道路である。海水浴場もあり、砂浜を2輪駆動車でも走ることができるが、中央はいいか、端じを走るとスタックする。観光バスでも走れる珍しい道路だ。
IMG_1056.jpg
パトロールのランクルも走っています。
DSCN1675.jpg
かもめは、側までいっても逃げませんでした。かもめをよけて通過しました。

ユーザ撮影会のトライアルマシン

IMG_1141.jpg
富山で行われたスーパース-ジーの撮影会に来た、水色のトライアルマシン。昔、TACが所有していたものだ。20年くらい前に、オフロードコースで一度、試乗させてもらった車だ。なつかしい思いである。このオーナー、この日の取材のため、このトライアルマシンを積車に積んできてくれました。エンジンがかからないので、家族で押して移動です。いい家族ですね。

ジムニースーパースージー撮影会富山

IMG_1101.jpg
2017年8月13日ジムニースーパースージー撮影会を富山で行った。オートサービス石黒のカスタマーで連絡してもらい集まってもらった。今日は37台、別な撮影で5台とのことで、合計42台でした。
IMG_1081.jpg
JA22ですが、フロントが120mm切り詰めてあり、JKジープのイメージ、面白いですね。これだから、ユーザー撮影会は、やめられないです。
DSCN1721.jpg

サイのスペアタイヤカバー

IMG_0570.jpg
1981年にジムニーSJ30が売り出されたときに、日本国内と海外で販売されたサイの絵のスペアタイヤカバーです。現在も、スズキの用品で買えます。今が2017年なので、36年継続して販売していることになる。ジムニーもロングセラーだが、このスペアタイヤカバーもすごいと思う。この絵のデザイナーは、元スバルのデザイン部長で、現在は首都大学東京の准教授の難波治さん。欧州やオーストラリアでは、このサイをジムニークラブのシンボルマークにしたところが多い。あとで、色々と紹介しますね。英語ではRINO(リノ)と呼びます。

JB23W黒の塗装

DSCN1658.jpg
ワイルドグースで、オフロードスクールなどで使用しているJB23Wの黒を今日はメンテする。オフロード走行で、各部に小さい傷ができている。まずは、洗車する。
IMG_0873.jpg
乾燥したら塗装準備。
IMG_0880.jpg
新聞紙、マスキングテープ、缶スプレーを用意する。車体は米軍で使用しているカモスプレーの黒である。
IMG_0884.jpg
マスキング完了。
IMG_0904.jpg
塗装完了しましたが、写真でみるとあまり大差がない?でも細部のはげたところや、下地が見えていたろことなど完全に修復しました。ジムニーは、いつもきれいにしていないといけません。

ジムニーカスタムブックの取材

IMG_0471.jpg
2017年9月末に発行される『ジムニーカスタムブック』の取材で、ワイルドグースに来ている田沢さんのJB23W+トレーラーの撮影を、相模川で行う。
IMG_0543.jpg
トレーラーは、ベーストレーラーの上に、自作で荷物を載せるカーゴパネルで覆っている。屋根の上には、オートキャンパーが積載されていて、どこでも宿泊できる、ハイモビリティートレーラーである。車高も高い。ホンダのモンキーを積載できる高さだそうだ。
IMG_052011.jpg

ボルネオ島の泥

DSCN1635.jpg
先日、磐田市の竜洋町のタジマモーターコーポレーションで分解中のJB32Wのトランスファーのケースだ。このトランスファーは、1998年ボルネオラリーに、田嶋選手が出場できなくなり、二階堂が代理でスズキスポーツドライバーとして出場するときに使用したものだ。ボルネオの泥は、一度、付着するとこのように19年経過しても取れない。ボルネアラリーに参戦したJB32Wは、マレーシアから帰ってきてから、田嶋さんに買い取れと言われて、私が買い取った。何回かレースや競技に出たが、あまりいい成績を残せなかったので、オサダモーターの長田さんへ譲渡した。そのトランスファーが、19年ぶりにモンスターに帰る。ボルネオの泥を見て、古川君と参戦したことを思いだした。

インド製のマルチジプシーへリヤシートのシートベルトを装着

IMG_0855.jpg
インドのマルチジプシーの底面シートでは、法律が変更になり車検が通らないので、JB31Wのリヤシートを流用して、取り付け、シートベルトを装着した。
IMG_0862.jpg
これで、車検準備、完了です。

monoマガジンジムニー特集号

IMG_0841.jpg
2017年8月2日MONOマガジンのジムニー特集号が発売されます。本隊590円+税です。最近は、いわゆる一般紙でジムニーが取り上げられることが増えたと思う。四駆の専門誌が廃刊になり、残った本も販売部数がとても少ないのと正反対である。今回は、二階堂の原稿がかなりあります。エスエスシー出版としても、保管データをたくさん貸出しました。
IMG_0842.jpg
本の表紙と、中の扉のデザインは同じですが、タイトルのつけかたに感心しました。『冒険四駆ジムニー』はいい響きだと思いました。こうして、MONOマガジンと一緒に仕事をすると、ためになるいことがたくさんあります。勉強になります。
IMG_0845.jpg
APIOの尾上茂氏の秘密基地も公開されています。
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事一覧
  08月 (20)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad