FC2ブログ

フィロソフィー経営実践塾、相州会の勉強会

IMG_8772.jpg
1月22日は、自宅で一日原稿を執筆する。先週の土日も、執筆だったのだが、RV4ワイルドグースのオフロードスクールを開催したりしたので、どうもこうがのらず、書けない状態が続いた。集中力が、途切れるのだ。それで、今週は先週の続きで、執筆をする。なんとか、書けたが、長いのでこれから文書をそぎ落とす。文章は、長くするのは簡単だが、短くするのは結構大変だ。
 夜の19:00からは、ZOOMでフィロソフィー経営実践塾の相州会の第一回の勉強会があり、参加した、コロナ過で集まっての勉強会も流れてしまい、久しぶりで見る顔が多い。稲盛塾長の2015年のDVDの講話を聴き、それぞれが意見をのべる形式だ。あらためて塾長のDVDを見て聞くと、何度も聞いているはずなのでに、新鮮に感じるところがろある。わかっていても、実践できていない自分に気がつかされる。『あ、そうだった』と思い出し、勉強していないとどんどん心も能力も、低下していくことを痛感する。繰り返し、勉強していないと、落ちていくのだ。これは、本を読んだだけではだめで、人と切磋琢磨したり、話したりしないと、なかなか気が付かない。問題意識を持ち、勉強会に参加することの意義は、とても大きいと思う。
 ちなみに、翌日の1月23日土曜日の朝は絶好調で、SUZUKIへ納品する原稿が完成しました。その文章を校正の担当者に渡すことができた。あとは、校正がきたらそれを修正してから、英文翻訳を依頼して、もう一度内容を確認し、まとめたら完成だ。これも、塾長のDVDをみた御蔭でしょうか? と思いました。関係あるなと思います。心が、少しだけ、よくなったのかもしれません。心がよくなると、仕事がはかどり、文章も書けると感じました。
スポンサーサイト



JB23のリヤゲートの内張を剥がしてドアを加工する

IMG_4216.jpg
JB23で荷物を満載した時に、リヤドアを閉めると、ドアの内張が荷物に当たり、内張が脱落する。何度も経験したので腹立たしく思い、遂に内張を捨てることにした。

リヤドアの内張が、10cmくらい飛び出しているためにこういうことが起きる。SJ30からJA12まではフラットなリヤドアなので、このような不条理なトラブルはない。しかし、何も無いと、骸骨みたいで気持ちが悪い感じがする。そこで、フロアカーペットの余り生地があったので、それを切り取り(38cmx96cm)、張ることにした。リヤドアには、穴が沢山あるので、そこに8mmのボルトを差し込んでナットで固定、フックのアンカーにする。ちょうどいいところに穴が無いところは、ドリルで2か所穴をあけた。合計8か所のボルトをリヤドアに組み込んで、フックを固定した。このフックがあれば、リヤドアにバイク用のネットを付けて、簡単に荷物を固定できる。また、タイダウンベルトも使える。少なくとも、リヤドアの内張の厚さの10cmくらの荷物は、問題なく固定できるだろう。

作業が終わったので、リヤドアを閉めて確認する。どこにも接触していません。
さて、ここにはキャンプ道具、椅子とかテーブルでも固定しようかと思います。レスキューツールでもいいですね。
IMG_4243.jpg
IMG_4219.jpg
IMG_4224.jpg
IMG_4226.jpg
IMG_4228.jpg

名刺

IMG_4212.jpg
中山七海がRV4ワイルドグースの正社員となったので、遅くなったが会社の職務の名刺を作った。七海は、私の次女だ。まさか、自分の子供が入社してくるとは想定していなかったので、この名刺を見るとなんだか感無量である。七海は、小さいころからジムニーや多種多様なクロスカントリー型四駆、三菱ジープ、CJ-7、MB、ランクル40、41、42、70、73、74.80、サファリ161、Ý60、パジェロ、チェロキー、M151A2、チェロキー、73式小型トラック、ジムニーLJ10、LJ20、SJ10、SJ30、SJ40、SJ410、JA71、JA11、JB32、JB23、JB64、JB74、ジプシー等に乗った経験がある。また、私とJCJのオフロードツーリングに何度も行っているし、オーストラリアの砂漠やフレーザーアイランド迄の10000kmのツーリングも経験している。普通の人よりも四駆やクロカンの経験値は多いと思う。それで、『お父さん、人が見ているから、階段とか、歩道橋をジムニーで昇ったらダメだよ』と、助手席から私にアドバイスしてくれる、冷静な娘です。

1月10日の赤富士

IMG_8686.jpg
2021年1月10日の夕方の富士山です。夕日が、富士山にあたり、その部分だけが赤くなります。今年は、富士山の南側に雪がほとんどない異常な季節です。北国では大雪ですが、静岡は暖かいのです。この時期に、富士山が冠雪してないのは珍しいと思います。昼間の富士山とは、随分と色が違いますね。
IMG_8687.jpg
IMG_8675.jpg

相模川の馬入へいく

IMG_8614.jpg
1月20日に予定されている『ジムニースーパースージー123号』の撮影場所のロケハンで、相模川の馬入へ行く。公園もいいし、相模川の河川敷でも撮影ができる。平地が広がり、高い建物や障害物が少ないので、良い景色が撮影できる。2時間ほど歩いて、撮影ポイントを探す。コロナ過の中サッカー少年や、中高年のサッカーマンが、とても沢山いて驚きました。皆さん、元気ですね。今日は、天気が良く、馬入の渡しも穏やかでしたが、橋が無い江戸時代にここを馬で渡るのは、本当に大変だったろうなと思います。ジムニーでここを渡ると、確実に水没します。
IMG_8612.jpg
IMG_8613.jpg
IMG_8611.jpg
IMG_8600.jpg

RV4ワイルドグースの店舗の床の修理

IMG_4150.jpg
年末からお正月休みの間に、RV4ワイルドグースの店舗の床の修理をする。今まででも50枚くらい、床のPタイルを張ったが、穴が開いたり、タイルが割れていてコンクリートが見えたリするところがまだある。昭和に建てられた古いビルで、床が平らでないので、修繕も難しい。タイルを切り取り張り付けたりしないといけない。ひどい穴や破れは、今回42枚のタイルを交換して、ほぼ完了したが、気になるところはあと10か所くらいある。しかし、タイルの在庫が無くなったので、今回はこれで終了。少しは、いい感じになったかも?
IMG_4145.jpg
IMG_4144.jpg

スズキの100年史

IMG_3840.jpg
 本日、スズキから『スズキの10年史』、なんと、524ページもある本が送られてきた。早速、読んで見ると、ホープスターの話もでてくる、ジムニーLJ10が売れないだろうそんな車を作ってどうする等ジムニーの本当の話が、きちんと書いてある。ジムニーは、鈴木修さんの言葉を借りると『貰い子』だったので、何度も継子扱いされたことがある。それが、この100年史ではジムニーが正当に書かれていて、以前よりも存在感もある。スズキはすごいなーと思った。これからもスズキの未来は明るいいと感じたのである。
 色々な自動車会社の社史を読むと、『うそが書いてある』、『ごまかしてある』、『都合の悪いことは書かない』、という会社は、私の経験だが、だんだんと傾いいていく。日産や三菱自動車、スバルがその例だ。社史に都合の悪いことが、省略してあるのだ。しかし、トヨタは社史にきちんと経営危機や、失敗の事が書いてある。それも、はっきりと第三者で中立な人が書いたように、書いてあるのだ。この違いが、会社の姿勢、経営力、宇宙を味方にすること等につながっていくのだと思う。
 100年のスズキの社史、全文、細部まで読み込んでいこうと思う。524ページ本当に大作ですね。お正月に全部読もうと思う。

伊禮さんの自宅を訪問

IMG_1645.jpg
APIOの尾上茂氏のジムニー歴史館へ行く用事があったので、野鴨雑技団のメンバーである伊禮さんの自宅を訪問する。何度も家の前を通過したことはあるが、立ち寄ったのでは初めて。庭も広く、車もたくさん置けて、いいお家でした。
IMG_1646.jpg
もう18年所有しているジープJKには、ウオーンのM8274が搭載されている。機能の塊ですね。

JA12Wレストアー

IMG_1585.jpg
JA12Wのレストアー。右ドアのドアミラーのステーのカバーが欠品。JCJの友人に中古パーツを分けてもらい、取り付ける。機能には問題はないのだが、カバーが無いと、間が抜けて見える。カバー取り付けると、安定した感じになる。デザインというのは、すごいもんだなと思う。これて、外観はリヤバンパーの塗装を除き、ほぼ、オリジナルに戻した。
IMG_1592.jpg
IMG_1597.jpg

ハイキングブーツ

IMG_1559.jpg
先日、ブロンコへ行ったときに、ハイキングブーツが壊れた。靴底が剥がれたのだ。新しいものを買い求めた。軽くて、グリップが良くて、履き心地がいいものを選ぶ。長持ちするは、2番目である。クロカンでは、靴は手袋と同様にとても大切だ。体を守ってくれるものだからだ。斜面から落ちないで踏ん張るためには、靴底のパターンが、MTタイヤのようになっていないといけない。滑り落ちると、怪我をするからだ。捻挫しないようにハイカットで、足首までホールドするものが望ましい。私も、ローカxットのハイキンブブーツを時々使用する。場所により、使い分けている。ジムニーの運転だけなら、靴底の薄いスニーカーがいいだろう。ペダルの感覚も、足に伝わってくる。しかし、車外が岩や泥や土ならば、スニーカーではだめだ。安全のために、靴はハイキングブーツになる。クロカンの装備は、ロープやハンドウインチだけでなく、身に着けるものも大切だと思う。
IMG_1563.jpg
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
12月 | 2021年01月 | 02月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別記事一覧
  01月 (17)   12月 (32)   11月 (40)   10月 (38)   09月 (26)   08月 (29)   07月 (26)   06月 (51)   05月 (32)   04月 (30)   03月 (41)   02月 (33)   01月 (28)   12月 (37)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (24)   08月 (27)   07月 (28)   06月 (31)   05月 (37)   04月 (33)   03月 (31)   02月 (31)   01月 (24)   12月 (24)   11月 (26)   10月 (24)   09月 (24)   08月 (31)   07月 (24)   06月 (26)   05月 (32)   04月 (15)   03月 (31)   02月 (22)   01月 (25)   12月 (19)   11月 (30)   10月 (35)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック