ジムニースーパースージーの記事の撮影

IMG_0096-1.jpg
今日は、久しぶりで晴れたのでジムニースーパースージー97号の『はじめてのオフロードの装備』の記事の撮影をする。『はじめてジムニーを買ったのですが、何を持っていたらいいですか?』という質問もうけるし、『長年ジムニーに乗っていますよ』という人の車内をみても何も、積んでいない人がいる。ジムニーで、オフロードを走るには、登山にいくような心構えと、装備がいる。そのことは、何度説明しても、理解しない人も見受けられるので、記事にしようと思った次第です。撮影していたら雲が出て。ポツリと雨が降ってきた。早々に、撮影を切り上げて、JB23Wを洗車し、帰社する。

寺崎勉ジムニー野宿林道ツーリング

IMG_0149.jpg
9月29日金曜日、『寺崎勉ジムニー野宿林道ツーリング』が、発売されます。ジムニースーパースージーの連載をもとに、新しく取材した林道と、寺崎さんエッセイ、K6Aエンジンの修理と今までになく読みごたえがある本になっています。20代から60歳を超えていまなお林道を走る寺崎さんの野宿ライフは、興味あるものです。私も何度か一緒に走り、テントを張り、飲み明かしたのは、いつも楽しい思い出ですが、最近は、飲むとすぐ寝てしまいます。野宿して、飲む酒もうまいのですが、寝るのもよく眠れます。

航空情報2016年11月号

IMG_0076-10.jpg
2016年9月21発売の航空情報11月号に、私の記事が掲載されています。内容は、静岡県航空協会の紹介です。とくに、自作飛行機の『コメット』の山田さんの記事が面白いですよ。10年くらい前は、ときどき、航空情報に記事を書いていたのですが、最近は書いていませんでした。久しぶりです。これで、少しでも本が売れればいいのですが。お祈りします。

富士山初冠雪

IMG_8270-20.jpg
9月25日、08:00の御殿場の時之栖から見た富士山です。早朝だけ見えました。初冠雪だそうです。富士が赤いです。赤富士です。理由を聞いたら、岩に含まれる鉄分が錆びて赤く見えるのだそうです。なるほど、富士の錆ね。

くろがね四起に同乗走行体験

IMG_8274-1.jpg
くろがね四起復元プロジェクトのチーフメカニックの藤原君の運転で、くろがね四起に乗せてもらう。とても、1935年の車両だとは思えない感覚である。
IMG_8275-20.jpg
トランスミッションのシフトレバー、4WDと2WDのシフトレバー、パーキングブレーキが、センタートンネルに配置される。オリジナルではあったと推定される、ゴムのカバーはないので、中が丸見え。スターターモーターも見える。
IMG_8272-40.jpg
計器は4つ、左から電流計、水温計、スピートメーター、燃料計である。助手席には、アシスタントグリップがつく。くろがねのIDプレートもここにある。
IMG_8276-30.jpg
フロントウインドウから見た景色。2分割で、ガラスは前に開く。ワイーパーモーターは独立している。風の巻き込みは、少なくて、ちょっと驚く。ハーフドアの形や、フロントウインドウの形状がいいらしい?が理由は、よくわからない。いずれにせよ、優れたオープンカーである。

初級オフロードスクール

IMG_8267-40.jpg
9月24日土曜、初級オフロードスクールを開催する。今日は、大雨で、相模川の猿が島は、どこもかしこも水たまりがあり、危うく水没するところだった。参加者は、町田の矢後さん、川崎の三田村さん、埼玉の斉木さんの3名でした。
IMG_8266-10.jpg
今日のスクールは雨なので、あまり外で話さないで、ひたすら、ヒルクライムとヒルダウンの練習に集中することにしました。
IMG_8264-30.jpg
ワイルドグースのスルールは、実践、練習がメインなので、見る見るうちにオフロードでのドリアビング技術が向上していきます。
IMG_8262060.jpg

くろがね四起復元完成披露

IMG_0002-60.jpg
くろがね四起復元完成披露が、9月24日25日に行われた。24日は内覧会ということで、試乗も予定されたが、大雨で中止。夜は内輪の会合で披露パーティーがあった。25日は、完成祝賀会である。晴れたので、NPO法人防衛技術博物館を造る会、くろがね四起復元プロジェクト委員会の代表理事小林雅彦氏も満面の笑みであった。
IMG_0012-10.jpg
くろかね四起復元プロジェクトのチーフメカニックの藤原君の運転で、私もくろがね四起に乗せてもらう。乗り心地は、乗ってみないとわからないので、いい体験でした。フロントがM151のような独立サスペンションで、良路では、良好な乗り心地である。
IMG_0063-20.jpg
1935年のくろがね四起、1944年製(1940年登場)のキューベルワーゲン、1940年のMG/GPWの3台。
IMG_0068-50.jpg

SJ410Wエアコン修理完了

IMG_8257-11.jpg
SJ410Wのエアコンの修理が完了したので、星野電装に取りに行く。
IMG_8255-22.jpg
コンプレッサーは新品に交換。NDのパーツだ。
IMG_8256-33.jpg
レシーバーも交換、室内のエボパレーターも、穴がいていたので交換。フロントのコンデンサーはまた使えるとのこと。これで、あと、5年くらいエアコンが使えそうだ。

くろがね四起まもなくお披露目

IMG_8232-1111.jpg
レストアをした,くろがね四起がまもなくお披露目する。
IMG_8225-2.jpg
お披露目は、9月24日時之栖である。この車両のエンジンの音をはやく聞きたいものだ。
IMG_8229-3.jpg

かまどで給油

IMG_8223-1.jpg
帰り道に『カマド』へ立ち寄る。休日はお休み。
IMG_8235-2.jpg
かまどで経営しているガソリンスタンドで、給油してから帰る。ガソリンスタンドは、スズキアリーナ御殿場の前にあるのだ。すばらしい集客だと思う。しかも、自社でガソリンを入れられる。すごい、経営ですね。

スズキへ

IMG_8220-1.jpg
情報収集のため、スズキ本社へ立ち寄る。

名古屋芸術大学へいく

IMG_8253-1.jpg
9月20日盛和塾長例会で名古屋にいくと、会社の社員から電話をもらう。『今日の、盛和塾長例会は台風のためキャンセルとFAXが来ています。』あれ、これでは名古屋にきた意味がない。そこで、すぐに名古屋芸術大学の片岡教授に電話すると、いるというので、さっそく移動してお邪魔する。
IMG_8254-2.jpg
片岡さんから、グッドデザイン賞や特許、実用新案のアドバイスをもらう。ここは、片岡教授の部屋です。

(株)ジェイエスティーJSTを訪問する

IMG_8251-6.jpg
盛和塾の友人で、名古屋で海外旅行専門会社を経営している西塾生の会社を訪問させてもらう。西さんが不在なので、後藤マネージャーに話しを伺う。
mンIMG_8241-1.jpg
ここは、JSTの入り口です。なにか、面白さを感じます。
IMG_8244-2.jpg
接客デスクには、お客様からの手紙、絵葉書、写真がいっぱい。
IMG_8243-5.jpg
壁にも、顧客からの手外の嵐。手紙をもらう理由は、たくさんの要素、やり方の結果だと、わかりました
IMG_8246-4.jpg
お客さんから感謝される商売をしている、さすがなだと思いました。礼状は、企業の勲章ですね。

名古屋駅で見たホンダNSX

IMG_8237-1.jpg
名古屋駅で見たホンダNSXです。トヨタの牙城に、ホンダの展示です。
IMG_8239-2.jpg
価格は、26278000円です。日本車でも2600万円の価格の車があるにのは、うれしいことです。買えないけどね。

JCJ本部のジムニーカーニバルのためのミィーティング

IMG_8207-1.jpg
9月19日08:30浜松の横原自動車で、JCJ本部のジムニーカーニバルのためのミィーティングが開催されたので、出席する。昔は、浜松の私の自宅でやっていたが、今は人数も増えたので、無料の駐車場のあるところでないと集まれないのだ。横原さんは、JCJのメンバーであるので、場所代は無料なのだ。
IMG_8214-2.jpg
昨年の実績を踏まえて、今年の計画を話して、ひつつひとつ埋めていく。
IMG_8212-2.jpg
今日は、協賛メーカーの確定と、必要なテントの数を確認する。あとは、配置である。これがきまらないと、ジムニーカーニバルのプログラムもできない。
IMG_8215-3.jpg
こうして議事録が完成。画像にとり、あとで文章化したものを、本部、全員へ配布する。こうしたミィーティングにでると、新しい人がたくさん育っていて、いいな、と思う。1982年から、ずっと同じことを継続しているのである。

NPO法人四駆レスキュー隊2016年通常総会

IMG_8194-1.jpg
9月18日は、NPO法人四駆レスキュー隊2016年通常総会が、浜松で開催されたので出席する。今年度の、活動実績の報告と浜松市に報告する会計報告の内容を精査する。本隊の目的は、災害や地震の発生時に、ジムニーや四駆で、自治体に協力し人を助けることである。そのための訓練と、四駆の災害時における有利さを啓蒙する活動を行う。来期の目標は、啓蒙ビデオの作成、クロスカントリーテクニックの啓蒙ビデオの作成である。消防隊員へドライビングの講習ができればと思っている。

依知中学生の職場体験学習

9月15,16日の二日間、依知中学生がワイルドグースへ職場体験学習に来た。帰りは、いつも相模川でオフロード走行、ジムニーにて乗せて、体験させる。お土産のジムニースコップスプーンも恒例だ。みな、大変喜んで帰る。ジムニーでオフロードを走ることが、楽しいということを啓蒙するのが我々の仕事の一つだ。だから、店舗の仕事を体験してもらうのも大切だが、ジムニーを理解してもらうのが一番大切。毎年、厚木市の中学生を受け入れて、もう20年くらいはたつと思う。昨年は、森の里中学、その前は毛利台中学校だった。
18歳になったら免許取るんだよ。皆さんの人生も、ワイルドグースの商売も、万歳!!!

消防庁消防庁のジムニーJB23W

東京消防ジムニー-10
 東京消防庁のジムニーJB23Wの訓練展示の画像です。今年の1月の出初式のときのものです。ジムニーをパレットに積んで、ヘリコプターで降下させています。ヘリコプターで車両を運ぶときは、軍用ならホイールハブにフックをかけて運びます。これは、ジムニーでも可能で、それぞれのハブに、フックがかかるような部品をつければいいだけです。リジットアクスルなので、強度は十分にあります。

 ハブにフックがあれば、ジムニーを釣り上げる、下す作業時間はは、1/5くらいになり、しかもヘリコプターが傾いいても、ジムニーが落下することは、皆無となる。昔からある技術で、パーツを造るのも簡単なんだけど、知らないのかなーと私など思う。ハブのフツクは、削りだして4個つくってもて、たぶん10万円くらいかな?100個作ると1個、1万円くらいかなと思う。注文くれれば、いつでも作るのにと思う。

 ノーマル、スッピンのままのジムニーで、災害地に入る。地震で寸断された土地にジムニーを下して、パトロールするというのが、東京消防庁の考えらしいが、ちょっと、ジムニーをカスタムするだけで、今まで走れないところをどこでも走れるようになる。スッピンのジムニーでは、もったいないなーと思うのは私だけでしょうか?

JB23Wリヤシート固定

IMG_8153-1.jpg
厚木市の中学では、学校の授業で職場体験学習がある。昨年は、森の里中学の生徒を受け入れた。今年は、依知中学校の中学生が3名、職場体験学習にくる。ワイルドグースでは、帰りに、ジムニーでオフロード走行をするのが恒例である。2台で3名なので、一人は、後席になる。オフロード走行をするので、リヤシードが動かないように固定する。
IMG_8151-2.jpg
リヤのシートベルトの動作も確認する。これで、オフロード走行が、安全にできます。車検証では4名乗車ですが、いつもは3名の椅子をつけて、荷物の積載と、人が1名後ろに乗れるようにしています。荷物も積めて、人も乗れる。これ、便利ですよ。

料亭 小松

IMG_8123-1.jpg
新聞で、横須賀の料亭『小松』が火事になった記事を読んだ。近くへ行ったので、散策する。一部の建物は残るが、ほとんどダメみたい。小松は、海軍関係者には有名な料亭だ。東郷平八郎元帥や山本五十六海軍大将も足しげく通った場所である。小松は、太平洋戦争中は、トラック島に支店を出していたほどである。部屋の中には、東郷元帥や山本五十六大将の書がたくさんあった。あれも燃えたのかと思うととても残念だ。焼ける前に、行きたかったなー。人生は、一期一会だと、小松の前で思った。
IMG_8124-2.jpg
燃えのこった建物と板壁。
IMG_8125-3.jpg
秘密に入るための裏戸である。小松では、海軍の秘密会議も数多く行われたという。

JB23Wの黄色の車載ジャッキをエンジンルームへ移設する

IMG_8129-1.jpg
JB23Wの黄色のジムニーの車載ジャッキを、リヤのカーゴボックスから、エンジンルームへ移設した。
IMG_8131-2.jpg
ブラケットをエンジンルームのラジエーターのステーに共締めして固定する。邪魔になず、出し入れも簡単。以前のJA11のように、あまり使わない装備は、エンジンルームへ移設するのがいいです。小さいジムニーを合理的に使うには工夫が必要です。
IMG_8146-3.jpg
JB23Wの車載ジャッキがあった場所には、三角停止版をいれました。取り出しやすく、緊急時にあわてなくて済みます。空いたスペースには、補助ロープと折りたたみノコギリ。折りたたみ式の十字レンチを入れています。がちゃがちゃ音がでるときは、ウエスを入れて動きを止めます。

オーバーランドスピードを訪問

IMG_8160-1.jpg
今日は、仕事の打ち合わせで五反田にある『オーバーランドスピード』へいく。久しぶりの訪問だ。たぶん10年ぶりだろう。
IMG_8159-4.jpg
CJ-7のV8エンジン搭載車両です。
IMG_8157-3.jpg
これは、いわゆるシボタ。ランクルBJ40にシボレーのV8エンジンを搭載。
IMG_8155-2.jpg
オーバーランドスピードの塚田さんのオフィスは、地下1階。どうも趣味が、私に似ていてちょっと当惑。

ジプシーの記録撮影

IMG_9845-3.jpg
今日は、相模川とAPIOでジプシーの記録撮影をする。
IMG_9731-11
特に下周りを撮影して記録する。次の記事の準備である。ショートホイールベースのジムニーに比べ、リヤがとても長い。
IMG_9761-22
ジプシーは、ホイールベースがながく、それに従いプロペラシャフトも長いが、あとの基本的レイアウトはロングもショートも同じである。これが、フレームあるジムニーの利点で、フレームを伸ばしたり、プロペラシャフトを伸ばすだけで、ショートホイールベースの車両とは、見た目は同じだが、性格も能力も違う車両を造りだせる。この大きな利点を、現在のジムニーは全く生かし切れていない。

スズキ燃費問題の記事と修さんからの手紙

IMG_9701-1.jpg
今日は、鈴木修さんの封筒で手紙が届いた。修さんから手紙はよくもらうので私信かと思ったら、『スズキ燃費問題』の記事と手紙だった。ススキは、燃費の測定方法で、規定外の測定があったが、国の規定方法で燃費を再度、測定したところ、偽造は無かったとの記事である。しかも、再想定したすべての車種で燃費が良くなったのである。確かに、国の指定した方法で燃費を測定しなかったのは、違法性の可能性がある、燃費を良くみせようと、データを改竄して、偽造をした三菱とは、内容が全く違う。それも、公表した燃費、カタログデータがすべて再測定で良くなったのだから、これは興味深い。
IMG_9702-2.jpg
再測定結果、アルトは、37km/lだったのが、38.3km・lとなりガソリン車では世界一ではないかと思う。トヨタのプリウス(ハイブリッド車)が35.5km/lだというので、アルトはそれよりもかなりいい。WEBサイトに、『リアルタイム燃費65万人の燃費会員の集めたデータ』によると燃費1位は、アルト28.69km/l、2位マツダキャロル(アルトのマツダブランド)が28.59km/l、3位トヨタのプリウスが26.72km/l、4位ホンダインサイトが25.62km/lである。ハイブリッド車は、普通のガソリン車に比べてとても高価である。それぞれの自動車メーカーのセールマンでも、『その差額でガソリンの費用が浮くことはないです』と断言する。すると、ガソリン車の燃費を極めたアルトの価値は、とても高いと思うのだが、不思議とスズキはこの点を強調して販売しない。スズキファンである、私としては『どうして?』と思うのである。『アルト、量産ガソリン車で世界一の燃費!!!』というと、何か問題でもあるのだろうか?だれかそういわない理由を知っていましたら教えてください。

APIOへいく

IMG_8115-2.jpg
納品と部品の引き取りでAPIOへいく。水曜日なので、お店はお休み。でも、本社の仕事は、忙しそうでした。

星野電装を訪問

IMG_8112-1.jpg
 SJ410Wのエアコンが壊れて久しい。1993年の車両なので、車歴が23年、あちこち壊れるのは仕方がない。ところが、このSJ410Wをエアコン修理の専門店に持ちこむと『品番がわからないと、修理ができません』と言われるのだ。応用力がないというか、職人でないというか、プロフエッショナル魂はどこへいったのか?と悲しくなる。
 実は、30年近く付き合いのあるIIYAMAデンソーという会社があったが、そこは何でもできるすごいエアコン屋さんだったが、高齢で廃業。頼むところがなくなったのだ。そこで、APIOで紹介したもらったのが、綾瀬市にあるこの星野電装。SJ410Wを見てもらうと、『修理大丈夫です』とのこと。来週、SJ410Wを持ち込む。これで、エアコンが使えるようになりそうです。どんな、腕か?楽しみです。

ジムニースーパースージー96号配本

IMG_9691.jpg
今日は、ジムニースーパースージー96号の配本日です。これから、全国書店に本が、届けられるのです。発売は、9月9日金曜日です。今回の特集は、『最強のサスペンションはどれだ?』と題して、JA11のリーフ、JA12Cのコイル、JB23Wのコイルの3ジムニーの比較です。同じジムニーという名前ですが、これほど車の性格が違うのも、珍しい。それぞれに、特徴があります。今号は、『干し草フォーク』、JIMNYロゴ入りの特注品の付録が付きます。アウトドアでキャンプで役にたつ道具です。キーホルダーにもなります。

ジプシーの消防車

インド消防車-1
インドで使われるジプシー。インドの陸海空軍と国境警備隊、それに警察が主なユーザーである。しかし、それだけではありません。消防署でもジプシーは使われていました。赤燈がついているほかは、警察のジプシーとほぼ同じようです。

ハイリフトジャッキの固定場所

IMG_8084.jpg
単独オフローディングで、最強のツールはハイリフトジャッキである。水平面でのスタックは、横転でもしない限り100%脱出できる。しかし、重たいし、がさバル。スペアタイヤやリヤドアに背負うと取り出しやすく便利。しかし、どうしても錆びる。室内に置くには、前席の後ろが、重心を考えると一番いいが、固定が面倒だ。また、荷物があると取り出すのが大変。特に傾斜しているとかなり大変。それならば、リヤシートの後ろがいいと思うが、狭くて、ハイリをかなり切り詰めないと積載できない。また、固定も面倒。それで、ワイルドグースが考えたのがこのポジション。4人乗車できて、荷物の出し入れに邪魔にならず、いざというときに取り出すのが簡単という場所がここだ。取り出しやすく、ハイリも錆びない。ここ、いい場所ですよ。私のJB23Wは、ノーマルのリヤシートを外して、JB31のリヤシートの片側をつけて、普段は3座席にしてあります。荷物の積載に便利で、2人乗りでなく3人乗れるのです。便利です。

イメージトレーニング

IMG_8075-1.jpg
 グライダーPW-5のコックピットでイメージトレーニングをする。空中でのトレーニングは、お金がかかるが、地上でのイメージトレーニングは無料だ。コックピツトの前に見えるのは、私の黄色のJB23Wです。
 グライダーで発航から着陸までの操作や情景、そして操縦桿の動きをイメージしてみる。うまくイメージできるときは、操縦もスムースにいく。
 ジムニーのレースでも何度か経験したが、コーナリングの走りや、どうしたら相手を抜けるか?をイメージして、そのイメージがよいと、レースは大抵、勝てる。特に、試走が許されていて、相手のスピード等を見たり、一緒に走行できるような状況があり、予選から決勝に入るような準備があるレースでは、イメージは極めて有効である。
 これは、グライダーでも同じで、空に上がる前に、今日のフライトをイメージできて、着座姿勢や操縦系統が自分の身体にうまく調整で来ていると、うまくいくことが多いと思う。
 先輩のグライダー乗りの人が、やはり同じことをしていて、操縦桿(ステイックタイプ)を、指、3本で持っているのを見た。小指と薬指は、立てていて操縦桿を握らないのだ。聞いてみると、5本指では操縦桿は持たないそうだ。すると、横にいた、グライダーの先輩が、私は指2本です。親指と人差し指で2本だけで操縦桿を持つという。聞いてみないと、わからないものですね。
 ちなみに私がいた海上自衛隊の飛行機は、すべての操縦桿はハンドルの上がない、操縦輪といわれるもので、両手で持つ。先輩教官からは、両手で持ち、左右5本指でホールドし、力は生卵を握るようにやれと教えられた。グライダーは、飛行機よりも、極めて繊細な乗り物です。

東京消防庁のジムニーJB23W

ジムニー2-1
 東京消防庁が所有する赤いジムニー。今年の、消防出初式から登場したジムニーであり、災害時に道路が寸断していけない場所に、ヘリコプターでつるして運ばれる。そこで、走り出して遭難者を探したり、情報を送る仕事をするのだそうだ。東京消防庁では、航空消防機動部隊の所属である。
 でもこのジムニーノーマルなんです。前後の牽引フックや牽引装置もない。車高もノーマルだし、タイヤもノーマル。LSDやデフロックもない。ジムニーは確かに、クロスカントリー能力は高いし、単独での不整地での走破力はよい。しかし、ノーマルの限界がある。すこし、チューニングすれば、各段に走り、なによりも安全性が増す。
 装備のない、ジムニーは、消防車に、消防設備を積んでないようなもので、その能力は大幅に制限される。日常で、レスキュー作業をするはずの、東京消防庁でもこういうことはわからないのかな?と思う。

SJ413Wジプシーの室内を洗車

IMG_9673-1.jpg
ジプシーの内部には、鉄粉がある。鉄の粉があると塗装が錆びる。
IMG_9674-2.jpg
鉄の粉が錆びて茶色だ。
IMG_9677-3.jpg
助手席の床にも、鉄の粉がある。
IMG_9681-4.jpg
洗剤とたわしでこそぎ落としました。
IMG_9684-5.jpg
水で流すと、以前よりはきれいになりました。

8月28日のフライト

IMG_8081-2.jpg
8月28日日曜日、台風が来ていいるが、雲の合間をぬって富士川飛行場でフライト。今日は、37分も飛ぶ。山に当たる東風で、上昇風があり、その風をつかむ。旋回につぐ旋回、30分で30回くらいで、360度の旋回の繰り返し。航空機でこんなに旋回したのは生まれて初めて。ここにくると生まれて初めてを、いつも経験します。お蔭で、飛行機酔いではないのですが、スケートでグルグルとスピンを連続したような感じで、地上に降りてから、暫く目が回るのが止まりませんでした。『航空自衛隊の戦闘機にはとても乗れないな』と今日は思いました。これは私の旋回中の画像です、球がすべってないでしょう。(この意味、わかるひとにしかわからないけど)

はじめてのジムニーオフロードスクール

IMG_8066-4.jpg
8月27日土曜日、今日は『はじめてのジムニーオフロードスクール』を開催。あいにくの雨だが、夏休み最後の土日なんでどこも混雑して、参加者の集合が大変だった。
IMG_8057-3.jpg
雨なので、外で話をしないで今日は、とにかく走る。常にフォーメション走行だ。
IMG_8055-2.jpg
今日の参加者は、横浜の保さん、町田の矢後さん、川崎の三田村さん、朝霞市の池田さん、東松山市の小川さん、東京の高橋さんの6名でした。
IMG_8063-1.jpg
最後の締めは、ワイルドグースの2Fの店舗内にて行いました。オフロード走行、楽しかったかな?
CIMG4242.jpg

寺崎勉ジムニー野宿林道ツーリング

IMG_9671.jpg
『寺崎勉ジムニー野宿林道ツーリング』の製作が、順調に進んでいる。今週はじつは、ジムニースーパースージー96号9月9日発売の、進行中でもあり、二つの仕事が進行中だ。『寺崎勉ジムニー野宿林道ツーリング』表紙の案です。東北岩手での撮影です。1850円+税で、2016年9月29日に発売されます。

善友印刷(株)を訪問

IMG_8048-1.jpg
8月24日、横浜市都筑区東方町にある善友印刷(株)を訪問する。社長の井上さんは、盛和塾横浜の塾生で、今年の世界大会で経営者賞をとられた方だ。今日は、エスエスシー出版関連の印刷、付録のシール、それにワイルドグースのカタログの印刷見積もりをお願いしに来た。
IMG_8051-2.jpg
印刷機がならぶ部屋を見学させてもらう。
IMG_8053-3.jpg
ここでは、製本機がならぶ。自社で、印刷から製本まで一通りできるそうです。なるほど、勉強になりました。

台湾から贈り物

IMG_9667-1.jpg
台湾の盛和塾の蘇麗華さんから、EMSでお菓子がおくられてきた。どうやら、8月4日の米子での塾長例会のあとの海水浴で、私が稲盛塾長との2ショットを偶然撮影してあげて、メールで送付してあげたことのお礼らしい。ちなみに、蘇さんは、当社とビジネスパートナーで台湾メーカーのエリンさんと友人で、そのエリンさんも盛和塾の塾生です。不思議な縁です。お菓子は、社員とわけておいしくいただきました。

IMG_8046-1.jpg
8月21日17時、富士川飛行場から見た虹です。飛行場に、一日いると、ずっと空を見ています。今日は、何度か虹を見ました。これは一番大きかった。飛行場で一日を過ごすと、心がクリヤーになります。雑念や妄念もなくなる気がします。

グライダーASK21の後席に乗る

IMG_8032-1.jpg
8月21日、今日はグライダーASK21の後席に乗る。初めての体験。飛行機で、タンデムシートのT-34メンターには、海上自衛隊の訓練で乗ったことがあるが、これは前席だ。後ろには、乗ったことがない。今日は、タンデムシートの後席初体験。見えないし、操縦しにくいものだ。景色もよくない。ただ、前よりちょっと広い。撮影も、キャノピーが反射してあまりうまくとれない。やはり、空が広く見える前席がいいですね。

航空機修理

IMG_8007-1.jpg
コメットの初飛行に成功したあろ、最後の着陸で、コメットのタイヤがパンク。野外整備なので、山田さんが苦労しているのを見かねて飛行機のタイヤ交換を手伝う。今日は、飛行機のタイヤ交換、初めての経験でした。ホイールは合わせホイール。6本のボルトをはずすと、二つに割れる。タイヤを交換して、チューブを入れ、ホイールを組みつけて、元に戻す。野外整備は、炎天下で暑くて大変でした。大事にいたらず、よかつた。

山田さんコメットで初めての単独フライト

IMG_7987-2.jpg
8月21日、静岡県航空協会の山田さんが、コメットで初めての単独フライトに成功した。今日は記念すべき日である。
IMG_7991-1.jpg
山田さんが、ドイツの組み立て飛行機『コメット』に憧れた。10年前のことだという。まず、日本代理店がない。輸入してくれるところをさがして、2年。ようやく機体を購入して、飛行機の組み立てに4年かかった。完成して国土交通局に申請をだして、許可に4年。何度もくじけそうになったそうだ。しかし、本日、ついに自分の組み立てた飛行機で、日本の空を正規に飛ぶことができた。10年の夢が、ここで実現したのである。男のロマンだと思う。今日は、いい日に立ち会えた。

JB23Wのメンテナンス

IMG_9621-1.jpg
18万キロ走行のJB23Wのエンジンオイル交換をする。オイルの消耗は、3000kmで1リッターくらいになった。11万キロで、エンジンを交換しているので、それほどエンジンはやれていない。ただ、ATは壊れて先日、中古のATミッションと交換。異音やショックは無いのだが、加速が悪いのが玉にきず。フロントのナックル回りのベアリングもだめで、ナックルの中古品を左右とも交換した。ジムニーは、修理すれば、いくらでも乗れます。

平塚税務署に納税にいく

IMG_7770-1.jpg
先日、平塚税務署に納税にいきました。税務署員は、銀行振り込みにしてもらいたいようですが、私はなるべく現金を持参して納税するようにしています。払った、納税した感じが、強くするためです。

富士川

IMG_7946-1.jpg
8月14日日曜日、富士川飛行場へフライトにいく。今日は曇りで視界が悪いのであまり飛べない。でも、風がおとなしくて、操縦のやりやすいこと。今日で、富士川で23回目のフライト。昔の技量を取り戻しつつある感覚を感をもった。いい感じである。飛行機を操縦する技量は頭で考えてもためだ。肉体にしみこむ、職人の技の様なものだと思う。それには、理論に裏付けられた訓練敷かないと思う。

「メアリー・カサット展」をみにいく

IMG_7955-3.jpg
横浜美術館で「メアリー・カサット展」をやっていたので見に行く。31歳で、絵でたべていけゆようになった喜びの文章があり、なるほどと思う。芸術家として、一生を終えた人だが、たいていの絵は、ゆがんでいる。きちんとデッサンがとれていない。でも人気がある。絵画の世界の不思議である。

みなとみらいへいく

IMG_7954-2.jpg
横浜のみなとみらいのマークスへ市場調査の散歩へ行く。新しい建物なので、建物の壁は緑でおおわれている。すごいね。スノーピークとモンベルを見に行く。

ジプシーを洗車しました

IMG_7945-111.jpg
インドからきたジプシーを洗車しました。インドのほこりがついいていました。車体には、小さな傷が数か所あり、インドから運ばれてくる途中や、保管場所で傷ついいたのだなとおもいました。今まで、カナダから輸入されSJ413W、グアムから輸入されたサムライ、インドネシアから輸入されたSJ410W、タイのカリビアン、オーストラリアからのSJ410Wとたくさんのジムニーを見てきました。不思議な因縁です。

ジムニースーパースージーユーザー撮影会

IMG_7912-1.jpg
8月6日APIOでジムニースーパースージーユーザー撮影会を実施。しかし、日が悪いらしく15台の参加。17年で最低の参加台数でした。厚木の花火、夏祭りと8月のユーザー撮影会は、NGですね。しかも、暑くて撮影部隊も大変でした。やれやれ。
IMG_7927-2.jpg
長岡ナンバーの黒のJB23W。ルーフを自分でカットしたそうです。しかも、自分で刷毛塗りです。よく来てくれました。
IMG_7917-3.jpg
16インチタイヤを装着したスズキキャリーも来ました。4輪バギーを運ぶのだそうです。キャリーで遊ぶ。

JB23Wのメンテナンス

IMG_9645-1.jpg
随分前にJB23Wのアシストグリップの試作品をつけた時に、内貼りを剥がしたままだった。穴があいた状態で放置してあったが、修理することにした。
IMG_9649-2.jpg
あたらしい部品をオーダーして、穴あけをして、アシストグリップを取り付けました。なんだか、ちょっと上品になりました。このアシストグリップ、あると無いとは大違いです。オフロードでの必需品、助手席の人を助けてくれます。

寿スピリッツ(株)を訪問

IMG_7852-1.jpg米子
鳥取県米子市にある寿スピリッツ(株)を訪問する。盛和塾生のお店『お菓子の寿城』を見学して、お菓子を買う。
IMG_7853-2.jpg
寿スピリッツは、製造卸から、製造小売りへ事業モデルを転換してから、高利益となり、利益があるので、接客を重視して、また売り上げを伸ばす。プレミアム・ギフト・スーツの創造と育成が今後の施策だという。さすがに上場している会社は、お菓子といっても、考えが違うと感動する。たしかに、すごいお店です。
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
08月 | 2016年09月 | 10月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事一覧
  09月 (30)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック

FC2Ad