fc2ブログ

ウインチ作動不良

2022-01-17 101043
ジムニーJB23W黄色のWARNウインチ8000が、昨日のオフロードスクールで使おうとしたら作動不良。たたいたりして、ようやjく動いた。コネクターの接続部の接触不良と思ったが、ウインチのリモコンをたたくと動いたり、止まったりしたので、どうやらリモコンの接点も不良と判断。WAKOのラスペネをスプレーして一晩おくと、本日は良好だ。ウインチのメンテナンスは、使用するの最善なので今日はロープを全部出して、マスター巻きをする。これで、しばらくはOKだろう。
2022-01-17 101521
2022-01-17 100924
2022-01-17 100932
スポンサーサイト



ジムニー用インパネポーチの改良バッグ開発中

IMG_1961.jpg
ジムニー用インパネポーチの改良バッグを開発中です。現在販売しているものよりも大型で、シートにも固定できるポーチを目指しています。アシスタントバーに固定できますがシートにも固定できます。
IMG_1965.jpg

フィロソフィー経営実践塾アクション20勉強会

202-01-15 154636
2022年1月15日フィロソフィー経営実践塾アクション20勉強会に参加する。経営体験発表は、奈良の大峰堂薬品工業(株)の辻将央社長。定年退職された人の伝記を会社が作るということに、驚きました。また多くのきずきをもらいました。心が洗われる経営に、身が引き締まる思いで聞きました。辻さんは私のフェイスブックをよく見ていて、最近、更新が少ないですねと言われました。健康を害して、入院していたのがばれてしまいました。さすが盛和塾のソウルメイトです。著書を贈ると約束しました。会場の新横浜グレオスホテルは、食事がおいしくていつも感心します。画像は、最後のデザートです。美しいね。
2022-01-15 181744
2022-01-15 18723

森の里公民館での美術の展示

IMG_1977.jpg
森の里公民館で、関係者の出品があったので見学に行く。絵は無限だと感じます。同じものはないですね。
IMG_1975.jpg
IMG_1971.jpg
IMG_1978.jpg
IMG_1970.jpg

ジムニー中級オフロードスクール

IMG_1984.jpg
2022年1月16日今日はジムニー中級オフロードスクールを開催する。参加者は、埼玉県八潮市の宮城さん、横須賀市の甲斐田さん、東京葛飾の小島さん、岐阜県羽島市の川後さん、東京調布市の渡邊さん、東京世田谷市の重原さん、中野区山森さんの7台、7名でした。今日の科目は、モーグル、キャンバー、段差、ウオーターハザートの四科目を実施した。快晴でいいオフロード日和でした。
IMG_1980.jpg
IMG_1987.jpg
IMG_1997.jpg
IMG_2003.jpg

ジムニーJB64・74用のバッグ開発中

IMG_1959.jpg
ジムニーJB64・74用のバッグを開発中だ。今までも、いくつかの種類のバッグやトレーなどをオリジナルで作ってきた。幌メーカーに依頼しで製造していたものだ。それを、今度は、カバンの専門メーカーに依頼して、当社のマーク入りでオリジナルのカバンを作ることにした。ジムニーと装備の格納や荷物移動は必需であり、それにはカバンが最適だからだ。レスキューツールや工具、それにキャンピングギアーを入れることを想定すると、やはりジムニー用の合理的な鞄はあっていいと思う。それを形にしたい。

伊勢広へ行く

IMG_1968.jpg
2年ぶりで、焼き鳥の名店『伊勢広】へいく。京橋の本店に行きたかったのだが、予約の電話したら満員でNG。仕方がないので、ホテルニューオータニの支店へいく。久しぶりに食べましたが、ここのは、絶品です。一流は違うなといつも思います。最後の締めのお茶つけは、他に類がないです。

東京オートサロンへ

IMG_17993
東京オートサロンへ行ってきました。コロナ禍の開催で人は少なかったのですが、撮影にはよい感じでした。ジムニー5ドアや、ホイールリダクションギヤのジムニー等、見どころいっぱいでした。この模様は、3月9日発売のジムニースーパースージー129号で掲載します。ご期待ください。i
IMG_8158.jpg
IMG_18028

ジムニー歴史観へ納品へ行く

IMG_1911.jpg
尾上さんにエスエスシー出版の本の注文を受けたので、納品へいく。最近は、用事があり連続で訪問している感じ。でも、ジムニー歴史観は、ジムニー好きにはたまりませんよ。見るとこ一杯です。ジムニーの調べものをするときに、よく使わせてもらっている。ありがたいです。
https://blog-imgs-132.fc2.com/r/v/4/rv4nikaido/IMG_1915.jpg" alt="IMG_1915.jpg" border="0" width="555" height="416" />
IMG_1931.jpg

ジムニースーパースージー128号発売中

2022-01-10172538.jpg
ジムニースーパースージー128号発売中が、只今、発売中です。今回の特集は、2022年ジムニートレンド大予想と題して、ジムニー5ドアから様々なジムニーを紹介します。付録は、APIOの2022年カレンダーとTOOLマドラーです。アウトドアで活躍します。

ヨコハマタイヤアイスガード6.50-16

IMG_1894.jpg
ヨコハマタイヤから、6.50-16サイズの、スタッドレスタイヤが発売されている。ヨコハマのアイスガードG075である。雪はオフロードと同じで、タイヤは細身、大径がいい。しかし、6.50-16サイズのスノータイヤ、スタッドレスタイヤが今までなかったので、ヨコハマのアイスガードは、素晴らしいと思う。ジムニーに履くと、車高あがります。また、デフ下のクリヤランスも増します。これは、スノーアタックにいいですね。画像の白いのは、撮影時の雪です。
IMG_1896.jpg
IMG_1897.jpg

尾上茂氏に新年の挨拶に行く

IMG_1892.jpg
2022年1月6日から、尾上茂氏のジムニー歴史館が開館しているので、本日、新年の挨拶へいく。コーヒーをご馳走してもらい、SSCのジムニー本の販売をしていただいているので、在庫を確認する。次回、納品しないといけないものをリストアップしてから帰社する。雪でした。
IMG_1902.jpg
IMG_1903.jpg

APIOへ行く

IMG_1890.jpg
2022年1月6日APIOの仕事始め。納品と新年の挨拶へエスクードTD51でいく。本日は雪が降りはじめた。久しぶりの、新年の雪である。

SJ10FM-4型

IMG_1908.jpg
厚木は今日は雪が降っている。しばらく、預かっていたSJ1-FM-4型が、セロ陸でこれから福岡へ移動する。SJ10は今まで、7台ほど所有したが、このSJ10FMー4型も所有したことがある。1981年にSJ30が登場して、入れ替えた。でも、ジムニーの原点、軽さを感じます。現在のジムニーとは、もはや異次元のクルマだと思います。古いジムニーは、快適ではないのですが、面白いです。それが分かる人は、ジムニーの面白さ、楽しさがわかります。

ジムニー歴史観

IMG_1883.jpg
APIOの尾上茂氏のジムニ^-歴史館は、今年はもうお休みだ。特別に中に入れてもらうと、LJ10、LJ20が並んでいる。今見ると、本当に小さいなと思う。現在のJB64や一世代前のJB23と比較すると、もう、すでに異次元とも思えるサイズと重量だと思う。こうした比較をすると、新たなるジムニーの世界はまだあると感じる。歴史は振り返り学べば、新しいアイデアはでてくると思う。ジムニー歴史館の価値はとても高いと思うのだ。ジムニーに関わる人は、ここでの2時間は本当に有意義だと考える。
IMG_1884.jpg
IMG_1885.jpg

JA11Vの天井の修理

IMG_1880.jpg
APIOの尾上さんからJA11Vの天井が落ちたので、修理を手伝ってくれと頼まれたので、今日はJCJ神奈川の松岡さん夫妻と3人で手伝いにいく。グレーのプラダンを購入して、それを切断してJA11Vの天井に貼る。2枚必要だが、忘れて1枚しか買わなかったので、あとで再度買い物へいく。久しぶりの作業のため、少し失敗したりして、2時間で完成する。めでたし、めでたし。
IMG_1808.jpg
IMG_1813.jpg
IMG_1820.jpg
IMG_1859.jpg

(株)トレンド・プロへ行く

IMG_1799.jpg
西新橋にある(株)トレンド・プロへ打ち合わせにいく。仕事で東京へ行くのは1年半ぶりだ。トレンド・プロは、本を漫画にする会社だ。SSCで出版している本のマンガ化にするための条件や費用を聞く。面白い話で盛り上がる。鈴木修さんの事は、是非ともマンガ化したいと意見が合いました。あとは、お金の算段ですが、ハードルは高そうです。経営は意志、なんとかしたいと思いました。IMG_1797.jpg

FOUR WHEELER

IMG_1789.jpg
アメリカから、FOUR WHEELERが来た。見ると60周年だという。この表紙は、フォーホイラーの1号のもの、それを再度使用したものだ。最初にフォーホイラーを手にしたのが1976年くらい。それから、何度か転居や東北大震災で中断したが、今もこうしてフォーホイラーを読んでいる。24歳ころに四駆に魅せられてから、ずっと読者だ。英語の本を読む、海外の四駆マニヤと話をする、には英語が必要だと教えてくれたのは、CCV(元4X4MAG)の石川雄一さんだ。それから、私の英語の勉強が始まった。1982年のJCJ発足時、JCJの本部のメンバーで、英語を話す人は私一人だったが、今は全員が英語を話す。趣味でも世界とつながるには、英語が必要なのだ。20代のときに、そのことに気がついて本当に良かったと、この年齢になってつくずく思う。そして、英語の大切さを、自分の周りの人に教えられたことは本当に良いことをしたと思う。

伊勢原神社にお参りに行く

2021-12-25 133742
12月26日伊勢原神社にお参りに行く。退院の感謝を述べる祈りだ。伊勢原の神社は、中央に大きな楠があり、良い気が流れている。おみくじを引くと𠮷だった。

横須賀の小松

2021-12-22 103117
横須賀共済病院を、先日退院するとき渋滞でお迎えが1時間半ほど遅れたので、散歩する。料亭小松のあった場所へ行ってみると、焼けた跡がそのままだった。小松は、海軍御用達の料亭で、東郷平八郎元帥や山本五十六大将もよく行った場所。戦時中は、トラック等にも支店があった。それが、燃えてしまったのだ。随分前のことだ。私も海上自衛隊時代に、ここで宴会をしたことがあり、東郷さんや山本さんの書を、見学した記憶がある。燃えてしまったのは、なんとも残念だった。
2021-12-22 103227
2021-12-22 103232

SJ10FMー4型

IMG_1747.jpg
栃木からSJ10FMー4型を買ってきた。栃木から厚木まで自走だ。高速道路を80KM/hで巡行で来たので、調子はかなりいいと思う。走行7万キロ、昭和56年登録のクルマだ。数日乗ってみると、エンジンが温まるとアイドルが下がり、エンストする。そこで、出きる範囲でキャブレターを点検して、掃除する。
IMG_1739.jpg
IMG_1742.jpg

寺崎勉さんと林道を行く

IMG_7739.jpg
山梨の林道を寺崎勉さんとサポートしながら走る。冬の林道は、葉が落ちて明るい。

寺崎勉さんとブロンコで取材、撮影

IMG_1778.jpg
2022年の春に、寺崎勉さんの本をだす。その本の取材でブロンコで撮影をする。空撮も行った。面白かったのは、寺崎さんはフットレストがついたジムニーに初めて乗ったそうです。それで、フットレストが無いとブロンコ道で体がホールドできなくて大変な事がはじめてわかったそうです。寺崎さんジムニーに30年近く乗っているのに、フットレストの価値を知らなかったのですね。面白い話を聞きました。
IMG_1785.jpg

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7785.jpg
寺崎勉さんと林道をいく。

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7782.jpg
てらさきつとむさんと崩落した林道を行く。3年前の台風の爪痕だそうです

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7799.jpg
寺崎勉さんと林道をいく。ダートロードにいい感じのトンネル、表は木で覆われている。林道に来た感じが強くします。当然、照明はありませんよ。

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7672.jpg
IMG_7677.jpg
寺崎勉さんと林道をいくと、坂の傾斜が書いてある道路標識がある。勾配を表している。ここは、埼玉県のはず、面白いですね。

寺崎勉さんと林道を行く

IMG_7660.jpg
寺崎勉さんと林道を行くと、今日はいい天気、極上なパノラマです。こんな風景にも逢いました。林道はいいですね。

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7591.jpg
寺崎勉さんとスーパー林道を移動するが、あちこち崩れている。コンクリートも崩れるようだ。林道には、都会にはない危険がいつもある。そのことを忘れない。

寺崎勉さんと林道をいく

IMG_7536.jpg
寺崎勉さんと林道をいく。

寺崎勉さんと撮影旅行

IMG_7505.jpg
12日午前8時 関越道寄居パーキングエリアで寺崎勉さんと待ち合わせ。本庄児玉IC降りR462 御荷鉾スーパー林道 R299 小鹿野へ撮影に行く。

鈴木修さんへの感謝状

KY3X4267.jpg
鈴木修さんへの感謝状、JCJでデザインした用紙に特殊な印刷で2枚をオンデマンド印刷したものです。冠の中央にはJCJの文字が入ります。1982年にデザインしたJCJのカーバッチ(金属製)と今年復活させたJCJワッペン(布に刺繍)を、額をくりぬいいて、入れたものです。修さんに喜んでもらえたことは,39年の歴史の中で、JCJの最大級の仕事でした。

SJ10-4型

IMG_1734.jpg
栃木のOLDーJのメンバーの大槻さんのところに SJ10-4型 (1979年登録〉 を取りに行く。このSJ10で東北道、圏央道を通り、厚木まで2時間10分で帰りました。久しぶりにSJ10を運転しました。面白いけど古い車には間違いないですね。
IMG_1714.jpg
IMG_1730.jpg

ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会

ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会で、修さんとJCJの39年の歴史を見て説明しました。
KY3X3886.jpg

ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会

ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会での,鈴木修相談役と二階堂。
KY3X3854.jpg

ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会

line_13063119355295682.jpg
2021年12月6日スズキ歴史館の3階のジムニーLJ10の前で、『ジムニー50周年鈴木修さんへの感謝の会』を行いましsた。JCJ(日本ジムニークラブ)より修さんへ感謝状をお渡ししました。副賞は『スズキオサム』ブランドの日本酒です。授与後に、修さんが『アルトのビデオを一緒に見よう』と言われ、JCJメンバー全員で観賞しました。修さんは、別れ際に全員と握手してくれて、修さんの柔らかい掌の感触をKなじることができました。日本ジムニークラブを作って本当に良かったと思えた日でした。
line_13063120721301989.jpgline_13063119682632797.jpg

JCJのカーバッチ取り付けブラケット

IMG_1494.jpg
JCJ日本ジムニークラブ)のカーバッチが、車体に付けにくい、平面がない、張り付けて剥がすとバッジが壊れる、などいろいろな問題があり、フロントグリルにJCJのカーバッチを取り付けるものを作ってくれと10年くらい前から依頼されていた。実は長年放置していたのだが、明日、スズキ本社にいくことになりJCJメンバーが集まるので今日は取り付けてみた。試作品だが、これで行けそうだ。30年ぶりにJCJのカーバッチをJB64に取り付けました。なにかすがすがしい感じです。
IMG_1511.jpg
IMG_1516.jpg

レインボーオートが厚木のオートバックスへ出店

レインボーオートさんが厚木のオートバックスに出展しているので陣中見舞いに行く。ジムニーのパーツが沢山売れて、通販で大変だそうだ。ワイルドグースと違い、オンロードのジムニーを極めたいと思っているレンボーオートは、面白い商品を出してきます。注目しチアショップですね。
IMG_1508.jpg
IMG_1502.jpg
IMG_1503.jpg
IMG_1500.jpg
IMG_1509.jpg

WARN電動ウインチスクール

IMG_1472.jpg
2021年12月4日、WARN電動ウインチスクールを開催する。参加者は、埼玉県八潮市の宮城さん、世田谷の幣原さん、岐阜羽島市の川後さん、神戸の佐々木さん夫妻、海老名市の稲生さん、横浜市の小野さん、埼玉県新座市の山田さんの7台8名でした。ウインチワーク用のロープ、金具、滑車の説明。そのあと、シングルとダブルラインでのウインチによるけん引を行い、最後はマスター巻の練習を全員で2回行う。最後はカルガモゴッコで移動して終了。いい天気で、風もなくオフロード日和でした。
IMG_1473.jpg
IMG_1484.jpg
IMG_1466.jpg
IMG_1458.jpg

アクロバットパイロット室谷儀

IMG_1339.jpg
2021年11月28日アクロバットパイロット室谷儀さんが富士川飛行場に来た。富士スピードウエイのイベントで、上空でのアクロバット飛行の仕事だそうだ。せっかくのチャンスなので飛行機の写真を撮らせてもらう。離陸と着陸を見ましたが、他のパイロットと違いすべての操作に彼の意思を感じます。乗せられているのではなく、操縦しているという感じです、隙がないのです。今まで数百人のパイロットを見てきましたが、室谷さんは確かに別格だと、離着陸をみるだけで感じます。航空機の操縦とは、誠に奥が深いものだと感じました。
IMG_1335.jpg
IMG_1391.jpg
IMG_1393.jpg

JA12Wのレストア

IMG_1409.jpg
手に入れてからそろそろ1年のJA12Wのレストアをする。フーエルネックガードが欠品だったので取り付ける。無いと泥や跳ね石でゴム製のフーエルネックに傷が入る。摩耗して穴が開くとガソリンが漏れ危険、地味だがないと困るパーツだ。取り付けは6mmのボルトで3本で固定する。まだ、手を入れるところがあるので、ノーマルに戻す作業は、これからもまだ継続だ。
IMG_1413.jpg

VWゴルフのバッテリー交換

IMG_1407.jpg
長女の友紀のVWゴルフのバッテリーの交換を頼まれたので作業を実施。バッテリーは、固定ブラケットが下にありボルト1本で固定されており、日本車のような鳥居型ではない。ラリーで走ると外れそうな感じ。寒い国らしくバッテリーには服が着せられている。交換したバッテリーは、厚木市内の廃棄物業者が無料で引き取ってくれるとかで持っていきました。これにて、業務完了。
IMG_1404.jpg
IMG_1405.jpg

プリズムゲートの芝田社長が来社

2021-11-30 142509
横浜のプリズムゲートの芝田社長が来社。当社のWEBサイトの説明をして見積もりを依頼する。ジムニーのことを知ってもらうため、相模川の猿ヶ島でオフロード走行体験をする。ジムニーの面白さが分かってもらえたようで、楽しく帰っていただけました。

横須賀共済病院

2021-11-29 110315
5年ぶりで横須賀共済病院へいく。高橋先生に見てもらった。12月中旬から、ここにお世話になりそうだ。海上自衛隊の時から、横須賀とは縁が切れない?のかなと思います。横須賀に来るといつも帰ってきた感じがします。

スペアタイヤサンドラダーホルダー

IMG_1308.jpg
ジムニー用のスペアタイヤのサンドラダーホルダーを試作した。前回は、ピットにある廃材を集めて加工し試作した。今回は、図面を引き工場で作ってもらった。機能は問題ないが、多少、寸法は修正する必要がある。挟みこんでサンドラダーを固定する方式だ。アイナットを使用しているので、走行中、緩んでも脱落しないように、アイナットを紐で縛って回り止めをする。実用上はこのやり方でOKだろう。少し、使ってみて最終的な形を決めようと思う。、
IMG_1311.jpg
IMG_1316.jpg
IMG_1318.jpg

JB12Wー3型ベージュのエンジンオイル交換

IMG_1307.jpg
オフロードスクールや林道の撮影などで酷使しているJB12Wー3型ベージュのエンジンルームを点検する。エンジンオイルを見ると、ローレベルまで下がっている。粘度はまだあったが、オイルを交換することにする。フィルター交換しなかったの丁度3リッター入る。これで、しばらくは安心だ。エンジンオイルは、車の血液。ジムニーはターボあるので汚れが速い。3千キロでの交換が、エンジンの寿命を長くします。
IMG_1300.jpg
IMG_1304.jpg

JB23Wー1型水色の車検

IMG_1297.jpg
1998年のJB23Wー1型の継続車検に、相模軽自動車協会へ行く。書類不備で、午後、再度車検でようやく合格する。1998年の初代JB23Wのノーマル状態は貴重だと思うので、所有している一台だ。
IMG_1298.jpg

新製品の開発

IMG_1292.jpg
11月24日は、朝から夜まで一日、JCJ神奈川のメンバーである常盤教授とRV4ワイルドグースの新製品の開発に協力してもらう。ある程度、形が見えたら紹介できると思う。今までに例のない無い製品で面白いですよ。
href="https://blog-imgs-132.fc2.com/r/v/4/rv4nikaido/IMG_1295.jpg" target="_blank">IMG_1295.jpg

ブロンコ走行会の後かたずけ

IMG_1290.jpg
ブロンコ走行会のあとの後かたずけと装備のメンテナンス。テントとシュラフは雨なので干せない。まずは、料理をしたので道具の洗浄と汚れたものの掃除だ。車は一番最後になる。月曜と火曜日の半日を使う。装備はメンテナンスすれば数十年は使えるが、寿命はある。車と同じですね。今回冬用のシュラフが寒かった、25年くらい使ったからなー。テントも同じくらいだ。買い替えの時期が来たかもとブロンコで思いました。

オフロードコース『ブロンコ』走行会

IMG_1202.jpg
ブロンコでの走行会、清水純さんに『ウインチスクール』をお願いした。普通は登れない40度の斜面をウインチを使用して、安全に上るという手順を実践。ウインチがもつ能力を皆さんに知ってもらった。ウインチがあると駆動ではいけない場所を越えられる。しかも、車も壊さず安全に短い時間でできるのだ。ウインチは第5の駆動である。
IMG_1200.jpg
IMG_1207.jpg
IMG_1209.jpg
IMG_1211.jpg

オフロードコース『ブロンコ』走行会

IMG_7321.jpg
ブロンコでの走行会のあとは暗くなったら『焚火』、薪はいくらでも森に落ちているので、燃やし放題なのだ。岩でできた焚火スペースもある。焚火をして、夕食を作る。今日は、焼き鳥でいく。なんこつ、皮、つくね、ねぎま、鳥、ぼんじりと50本ほど焼く。あとは、津田さんがマグロをもってきてくれたのでそれを焼く。焚火を眺めて、お酒を飲んでいるといつの間にか4時間経過。寝ることにする。冬用のシュラフだったが、明け方は少し寒かった。朝、再び、焚火をする。アウトドアで、焚火をしたり、食べたり、飲んだりするのはジムニー、四駆生活の楽しみだ。走るだけではない、楽しさだと思う。
IMG_7309.jpg
IMG_1278.jpg
IMG_1259.jpg
IMG_1257.jpg
プロフィール
二階堂 裕

二階堂 裕

1954年、
北海道旭川市生まれ。
RV4ワイルドグース
代表取締役。
ジムニー専門誌 「Jimny Super suzy」発行人。


1973年海上自衛隊のパイロットとなる。1982年にスズキに入社、エスクードの設計コンセプトを考案。その後、インドネシア駐在を経て、1994年に4×4専門店RV4ワイルドグースを設立。オーストラリアンサファリやアジアンラリー、ボルネオラリーなど海外でのクロスカントリーレイドに多数参戦。ジムニーの第一人者で日本ジムニークラブ(JCJ)の会長を長く務めた。「4WDチューニング大全」(山海堂)「ジムニー達人バイブル」(三推社・講談社)など、ジムニー・四駆全般についての著書多数。

カテゴリ
最新記事
カレンダー
12月 | 2022年01月 | 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事一覧
  01月 (14)   12月 (30)   11月 (28)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (20)   07月 (15)   06月 (34)   05月 (21)   04月 (24)   03月 (29)   02月 (30)   01月 (22)   12月 (32)   11月 (40)   10月 (38)   09月 (26)   08月 (29)   07月 (26)   06月 (51)   05月 (32)   04月 (30)   03月 (41)   02月 (33)   01月 (28)   12月 (37)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (24)   08月 (27)   07月 (28)   06月 (31)   05月 (37)   04月 (33)   03月 (31)   02月 (31)   01月 (24)   12月 (24)   11月 (26)   10月 (24)   09月 (24)   08月 (31)   07月 (24)   06月 (26)   05月 (32)   04月 (15)   03月 (31)   02月 (22)   01月 (25)   12月 (19)   11月 (30)   10月 (35)   09月 (26)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (32)   05月 (34)   04月 (32)   03月 (20)   02月 (26)   01月 (22)   12月 (22)   11月 (27)   10月 (31)   09月 (32)   08月 (29)   07月 (28)   06月 (38)   05月 (27)   04月 (29)   03月 (28)   02月 (22)   01月 (41)   12月 (22)   11月 (39)   10月 (33)   09月 (32)   08月 (31)   07月 (41)   06月 (25)   05月 (30)   04月 (40)   03月 (43)   02月 (26)   01月 (33)   12月 (29)   11月 (19)   10月 (24)   09月 (11)   08月 (5)   07月 (24)   06月 (32)   05月 (33)   04月 (30)   03月 (28)   02月 (18)   01月 (30)   12月 (21)   11月 (29)   10月 (35)   09月 (29)   08月 (31)   07月 (27)   06月 (31)   05月 (40)   04月 (32)   03月 (34)   02月 (26)   01月 (35)   12月 (37)   11月 (31)   10月 (28)   09月 (24)   08月 (20)   07月 (26)   06月 (27)   05月 (22)   04月 (23)   03月 (30)   02月 (26)   01月 (30)   12月 (38)   11月 (28)   10月 (32)   09月 (36)   08月 (30)   07月 (27)   06月 (17)
最新コメント
最新トラックバック